Fandom


ヤルバ(Yaruba)は10 BBY当時惑星ケッセルを統治していたである。ヤルバは近隣の惑星オバ・ダイアに拠点を持つパイク・シンジケートと、スパイス採掘事業における契約を結んでいた。この契約により、パイクは“犠牲となった”ケッセルの半球のスパイス鉱山で事業を展開し、そこから産出される資源を独占的に支配・搾取し、利益を上げていた。[1]

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。