Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

「わかっているだろうが、帝国はヤヴィン星系で…戦略的な後退を余儀なくされた。ヤヴィンの軌道上でデス・スターが破壊されたためだ。この攻撃を行った反乱軍はその後ヤヴィン4の秘密基地から早急に離脱した」
マクシミリアン・ヴィアーズ将軍[出典]

ヤヴィン星系(Yavin system)はアウター・リム・テリトリーゴーディアン・リーチに属した星系である。ガス巨星ヤヴィン・プライム衛星ヤヴィン4を有した。銀河内戦中、ヤヴィン4に反乱同盟軍基地が置かれていたため、ヤヴィンの戦いの戦場になった。銀河帝国デス・スターを使ってヤヴィン4を粉々にしようとしたが、同盟軍のスターファイター部隊がこの巨大バトル・ステーションの破壊に成功した。

歴史

ヤヴィンの戦い以降

ヤヴィンの戦いを生き延びたダース・ヴェイダーは、旗艦であるインペリアル級スター・デストロイヤーデヴァステイター>に遭難信号を送った。帝国はサイエナ・リー中尉ベリス・サイ中尉のゴザンティ級クルーザーをヤヴィン星系へ派遣し、ヴェイダーとそのTIEアドバンストx1を回収させた。その際、彼女たちはデス・スターの破壊によって生じた大量の残骸を目撃することになった。[5] また帝国はデス・スターの残骸や破片を守るためパトロール隊をヤヴィン星系へ送り込んだが、廃品回収業者たちは帝国軍の目を盗んですぐさま残骸の回収を始めた。[4]

登場エピソード

参考資料

脚注

Advertisement