Fandom


経歴

生い立ち

分離主義者の司令官

裏切りと報復

サラストの戦い

ダソミアへの帰還

サヴァージ・オプレス

ドゥークーの復讐

一匹狼

クォーザイトの任務

VentressDetail2-SWE

バウンティ・ハンターとして活動した頃のヴェントレス

どこにも行くあての無くなったヴェントレスは、砂漠の惑星タトゥイーンにあるモス・アイズリーカンティーナに流れ着いた。いちゃもんを吹っかけてきたバウンティ・ハンターオーケッドをライトセーバーで殺した後、ヴェントレスはボスクラッツ・ラジィから話しかけられた。彼らはオーケッドのバウンティ・ハンター仲間だったが、ヴェントレスに目を付け、チームの一員として次の仕事に参加しないかと持ちかけた。バウンティ・ハンターのチームを率いていたのは、若きボバ・フェットだった。ヴェントレスは経験不足の若者に命令されることを嫌ったが、最終的に仕事に参加することに同意する。彼女はフェット、ボスク、ラジィ、デンガーC-21ハイシンガーの6人組でクォーザイトに向かった。

現地に到着したハンターたちは、ベルーガンリゴッソー大佐から、秘密の積み荷を惑星の統治者オチュア・ブランクに届ける仕事を与えられた。積み荷はクリズモー・ソーディ率いるケイジ・ウォリアーに狙われており、地下列車でブランクのもとへ向かうあいだ強力な用心棒をつけておく必要があったのである。ヴェントレスたちには知らされていなかったが、積み荷の中身はクリズモーの妹プルーマだった。彼女は家族から引き離され、ブランクの花嫁になることを強いられていたのである。

ヴェントレスと仲間たちは地下を疾走する列車でケイジの戦士たちを撃退した。バウンティ・ハンターはケイジの執拗な攻撃で次々と列車から脱落し、最後まで残ったのはヴェントレスとボバ・フェットだけだった。クリズモーは積み荷の箱から妹を解放したが、列車内の対決でヴェントレスに敗北した。兄と共に再び拘束されたプルーモは、家族から引き離されることの悲惨さなどバウンティ・ハンターに理解することは出来ないだろうと語った。ヴェントレスはケイジの兄妹の前で冷酷に振る舞ったが、彼女たちを逃がすことに決めた。ヴェントレスは賞金の分け前を巡ってフェットとトラブルになり、若きバウンティ・ハンターをフォースで屈服させた。地下列車が目的地に到着すると、ヴェントレスはフェットを積み荷の箱に入れてブランクに差し出し、賞金を受け取った。彼女は嘘が発覚する前に立ち去り、プルーモとクリズモーを解放することでケイジからも金を頂戴した。

軌道のステーションに戻った後、ヴェントレスは自分の取り分を差し引いた賞金をボスク、デンガー、ラジィ、ハイシンガーに差し出した(彼女はボバ・フェットもそのうち戻って来るだろうと説明した)。ラジィは新入りの実力を高く評価したが、ヴェントレスはチームの一員になることを拒否した。

シスの兄弟

EnemyOfMyEnemyIsMyFriend-Revenge

タートル・タンカーの戦い

タトゥイーンのカンティーナに滞在中、ヴェントレスはサヴァージ・オプレスの首に多額の賞金が懸けられていることを知った。当時オプレスに起因するフォースの乱れに悩まされていたヴェントレスは、銀河の脅威と成り果てたナイトブラザーの討伐任務を自ら引きうけた。

捜索の末、ヴェントレスはレイドニアでオプレスの貨物船タートル・タンカーを発見する。船内に忍び込んだ彼女が目にしたものは、そしてほかならぬオビ=ワン・ケノービを拷問するサヴァージ・オプレスとその兄ダース・モールの姿だった。彼女はダソミアの兄弟を倒すためかつての敵対者ケノービと組むことになる。敵に武器を取り上げられたケノービにライトセーバーを1本貸し、ヴェントレスは狭い船内での対決に臨んだ。戦いの流れが自分たちに不利だと判断したヴェントレスとケノービは、タンカーのコックピットへ退却し、ドアを閉鎖した。ケノービはドアが破られる寸前にタンカーの脱出ポッドを発進させることに成功した。

パダワンの逃亡者

Level1315-TCAJ

アソーカ・タノの逃亡に力を貸すことに決めたアサージ・ヴェントレス


脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。