Fandom


ユーティリティ・ベルト(Utility belt)はブラスター・ピストルホルスター、弾薬、サバイバル・キット、ポーチ、小型の装備などを携帯する際に使われた多目的ベルトである。ジェダイ・オーダーのメンバーから銀河共和国クローン・トルーパーに至るまで、銀河系社会において幅広く使用されていた。

概要

銀河帝国ストームトルーパーのユーティリティ・ベルトには、標準装備としてパワー・セルサーマル・デトネーター、エネルギー食料、携帯工具キットが収納されていた。また追加でグラップリング・フックコムリンクエレクトロバイノキュラー手錠、拘束具といった装備や、戦闘用脱イオン化装置などの備品も持ち運ぶことができた。[1]

ジェダイはテクノロジーではなく自らの力で問題を解決することを前提に、ユーティリティ・ベルトで持ち運ぶ装備も最低限に抑えられていた。彼らはジェダイ・テンプルで学ぶ訓練生の頃に、ジェダイが尊敬されるのは装備ではなく気高い精神のためだと教え込まれていた。ナブー危機当時、パダワンオビ=ワン・ケノービはユーティリティ・ベルトにクレジット・チップや食料およびエネルギー・カプセル、A99アクアタ・ブリーザーを始めとする各種ツールを携帯していた。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。