ユーティル313(Util-313)、別名ジェダイ・シャトル・バス(Jedi shuttle bus)はクローン戦争期に惑星コルサントで使われていたリパルサークラフトのモデルである。ジェダイ・オーダー銀河元老院共和国軍のメンバーの輸送手段として用いられていた。

特徴

ゴーコープ社によって製造されたユーティル313は、都市の中を飛行し、乗客に贅沢な体験を提供するために設計されたスピーダー・バスである。全長は18メートル(59フィート)で、機体の後方にパイロットの座席やリパルサーエンジンが設けられていた。ユーティル313の最高速は300キロメートルで、武器は搭載していなかった。このエアバスの客席は側面と天井がトランスパリスチールでできており、360度の展望を楽しむことができた。[1]

歴史

銀河共和国時代の末期[2]、ユーティル313は銀河元老院共和国軍の高官、ジェダイ・オーダーのメンバーによってシャトル・バスとして利用されていた。高級官僚を運ぶ場合、しばしば元老院によって戦闘機の護衛が配備され、ユーティル313を目的地まで安全にエスコートした。[1] 19 BBYコルサントの戦いの後、オビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーシーヴ・パルパティーン最高議長はユーティル313に乗って元老院ビルまで移動した。[2]

登場エピソード

コロネット>とシャトル・バス

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。