Fandom


ヨーダのライトセーバー(Yoda's lightsaber)はジェダイ最高評議会の最後のグランド・マスターヨーダが作成・使用したライトセーバー。柄とブレードは持ち主に合わせて小型になっており、ショート・タイプのライトセーバーとよく似ていた。

特徴

ジェダイ・マスターヨーダライトセーバーは小柄な持ち主に合わせて標準よりも短い柄とブレードを有した。この武器はシンプルなデザインで、クローム製の握りにエミッター・シュラウド(刃放出口の覆い)が付いていた。ヨーダのライトセーバーは明るい緑色の刃を放出するカイバー・クリスタルを内蔵していた。

歴史

ヨーダのライトセーバーは、ジェダイ・オーダーの最初期から数百年に渡ってジェダイを指導したアーキテクト・ドロイドヒュイヤン教授の監督のもとで作成された。ライトセーバーを作るための最初の一歩として、ヨーダは惑星イラムクリスタル洞窟でカイバー・クリスタルを手に入れた。

ジオノーシスの戦いのさなか、ヨーダはかつてのパダワンだったダース・タイラナスとライトセーバーで戦った。

クローン戦争終結時、ヨーダは元老院ビルシスの暗黒卿ダース・シディアスと対決した。シディアスがフォース・ライトニングを放った際、ヨーダのライトセーバーは衝撃で吹っ飛ばされ、議事堂の底へと落下していった。

のちにヨーダのライトセーバーは銀河帝国によって回収された。帝国の設立直後、コルサントの旧ジェダイ・テンプルジェダイ・オーダーの根絶を祝う式典が開催され、大量のライトセーバーが公の場で焼却処分された。その際、式典の進行役を務めたマス・アミダ大宰相がヨーダのライトセーバーを人々の前で高らかに掲げ、自由の時代が到来したと宣言し、焼却炉の中に放り込んだ。ヨーダの物を含むライトセーバーは一斉に焼却され、破壊されたカイバー・クリスタルが青白い爆炎を上げた。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。