Fandom


Vader's revelation

わたしがお前の父親なのだ!

警告! このページにはマンダロリアン(TVシリーズ)からの大きなネタバレ情報があります。ご注意ください。

Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「どういうことだ。50歳だと言っていたのに」
「老化は種によって違う。多分この種は何世紀も生きるのだろう」
ザ・チャイルドを発見したマンダロリアンIG-11[出典]

伝説的なジェダイ・マスターヨーダが属した種族は長い歴史を持ち、謎に包まれていた。[7] この種族は銀河系全体において希少であり[8]、種族名はおろか母星も知られていなかった。[9]

生態と特徴

「3回スキャンしましたが、マスター・ヨーダのお体に異常はみられません。わたしは彼の種族の専門医ではありませんが、わたしから見て、彼は完全に健康体と言えます」
ドクターリグ・ネマ[出典]
TheChildPod-Fathead

ヨーダの種族の幼児

この種族には男性と女性というふたつの性別があった。[1][2] メンバーは小柄で、おおよそ人間の子ども程度の身長しかなく、緑の肌と尖った耳を持っていた。[3] この耳は非常に表現力豊かで、感情の変化に伴い丸まったり広がったりした。[4] 彼らの手足の指は3本で、先端に鋭い爪が生えていた。また彼らは頭頂部や耳の上などに白や[3] 赤褐色のが生えていた。[2] この種族はヤラム・シードガラ・シードソーリの樹皮といった植物キノコなどの菌類などを食すことができ[8]、さらに幼児でもカエル型のクリーチャーを丸呑みして捕食することができた。[10]

この種族の寿命はきわめて長く、数世紀にわたって生きることができた。[6] また同時に老化もほかの種族と比べて遅く、50歳でもまだ幼児の段階だった。[5]

社会と文化

この種族は長い歴史と秘密主義的な性質を持ち、彼らに関する情報を手に入れるのは困難だった。そのため銀河系社会ではこの種族の名前はおろか、母星がどこなのかも謎に包まれていた。[9]

制作の舞台裏

スター・ウォーズの創造者であるジョージ・ルーカスは、ヨーダの種族の名前を謎のままにしておくことに決めた。2017年現在も、公式データバンク上のヨーダとヤドルの記事では種族欄が不明(Unknown)のままになっている。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。