Fandom


(登場作品)
28行: 28行:
   
 
ラスターは[[サルラック]]や[[ヴィクサス]]の共通の祖先とされていた。<ref name="VD">出典:[[スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ビジュアル・ディクショナリー]]</ref>
 
ラスターは[[サルラック]]や[[ヴィクサス]]の共通の祖先とされていた。<ref name="VD">出典:[[スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ビジュアル・ディクショナリー]]</ref>
  +
==生態と特徴==
  +
ラスターは[[惑星]][[トウォン・ケティー]]の湿地帯に生息した獰猛な捕食クリーチャーである。ラスターに関する研究はほとんど行われていなかったが、[[サルラック]]や[[ブリクサス]]、[[アンバラ]]の[[ヴィクサス]]と同じ祖先から生まれたと考えられていた。ラスターは分裂で増殖するため、慎重に制御しなかった場合は急速に増殖する可能性があった。
 
==歴史==
 
==歴史==
[[エンドアの戦い]]の30年後、[[密輸業者]][[ハン・ソロ]]は[[バリーン級重貨物船]]<[[エラヴァナ]]>にラスターを積み込んだ。彼この危険な生き物をコレクターの[[プラーナ]][[王]]のもとへ届けて報酬を受け取るつもりだった。しかし、ソロが[[レイ]]、[[フィン]]、[[BB-8]]らと出会っ直後<エラヴァナ>[[カンジクラブ]][[グアヴィアン・デス・ギャング]]が押し掛け、乱闘が発生した。そんな中、レイが誤ラスターを解放ししまい、船内はパニックに陥った。[[ギャスター|ギャング]]たちの大部分はラスターの餌食になったが、ソロたちはなんとか<[[ミレニアム・ファルコン]]>で逃げ出した。
+
ラスターは非常に危険な生き物だったたその生態関する研究はほとんど行われていた。ラスターは1匹捕まえる事すらほぼ不可能と考えられていたが多くのハターや収集家がラスターの捕獲を夢見ていた。特に、銀河系の珍しい生き物を集める王族や貴族たちのあいだでラスターのコレクションはライバルの収集家差をつけるお宝のよう存在だった。
  +
  +
トウォン・ケティーにおけるラスター狩りは、[[銀河共和国]]時代の後期には既に行われていた。[[ナブーの侵略]]以前、[[エイリアン]]の[[ビッグ・ゲーム・ハンター]]・チームがトウォン・ケティーを訪れ、ジャングルの湿地でラスターと遭遇した。チームは1匹のラスターによってあっという間に壊滅し、ハンターたちは次々と猛獣の餌食になった。この時、[[シス卿]][[ダース・モール]]が近くの樹木の上から猛獣の殺戮を見守っていた。ハンターが全滅した後、モールは[[斧]]を手にしてラスターに挑みかかり、体にまとわりつこうとしてくる触手を切り捨て、本体部分を真っ二つにした。その後、同じ群れに属す別の2匹が姿を現したが、モールはその1匹を斧で、もう1匹を[[フォース]]で樹木の下敷きにして撃退した。トウォン・ケティーでの目的を果たした後、モールは[[シス・マスター]]・[[ダース・シディアス]]の待つ[[コルサント]]へ戻った。
  +
  +
[[ファースト・オーダー=レジスタンス紛争]]以前、ラスターは[[トリリアの虐殺]]を引き起こして悪名を轟かせた。[[エンドアの戦い]]の30年後、[[ハン・ソロ]]と[[チューバッカ]]はクリーチャー収集家として知られる[[プラナ]][[王]]のためにラスターを狩ることになった。[[モルリージ星系]]の[[ソルカルヴィス]][[摂政]]とコレクションを競っていたプラナは、ライバルがラスターを所有していないことを知り、この猛獣の捕獲に多額の報酬金を提示したのである。ソロは報酬の大金を当てにし、[[カンジクラブ]]や[[グアヴィアン・デス・ギャング]]から狩りにかかる費用を前借りした。ソロとチューバッカはこの仕事で大勢のクルーを失ったが、最終的に3匹のラスターを手に入れ、[[バリーン級重貨物船]]<[[エラヴァナ]]>に載せることに成功した。
  +
  +
[[File:FalconAsAChewToy-TFA.png|thumb|left|260px|<ファルコン>に取りついたラスター]]
  +
ラスターを運んでいる途中、ソロはかつての持ち船である<[[ミレニアム・ファルコン]]>を[[ウエスタン・リーチ]]で発見し、<エラヴァナ>に積み込んだ。その後、ソロは<ファルコン>に乗り合わせた[[レイ]]、[[フィン]]、[[BB-8]]らと行動を共にすることになる。フィンはソロが[[大型貨物船|重貨物船]]にラスターを積んでいることに驚愕した。その直後、ソロが借金を返さないことに腹を立てたカンジクラブとグアヴィアン・デス・ギャングが<エラヴァナ>に乗り込み、[[密輸業者]]を取り囲んだ。レイは船室のドアを閉鎖して[[ギャングスター|ギャング]]を締め出そうとしたが、誤って船倉のドアを開くスイッチを押してしまう。3匹のラスターが解き放たれたことにより<エラヴァナ>の船内は[[エラヴァナの戦闘|大混乱]]に陥り、数名のギャングが猛獣の餌食になった。フィンも危うくラスターに食べられかけたが、レイが船のドアを利用して触手を切断し、彼を救った。ラスターの襲撃を逃れたソロ、チューバッカ、フィン、レイ、BB-8は格納庫の<ファルコン>に乗り込み、ギャングからの逃亡を試みた。1匹のラスターが[[コックピット]]に張り付いたが、ソロが構わず[[ハイパードライブ]]を起動したため、ラスターは急激な加速によってばらばらになり、匂いだけを残して消滅した。戦いを生き延びはしたものの、ソロはラスターを届けることに失敗したため、プラナ王の不興を買った。
  +
 
==登場作品==
 
==登場作品==
 
*[[スター・ウォーズ:ダース・モール]]
 
*[[スター・ウォーズ:ダース・モール]]

2017年3月23日 (木) 12:13時点における版

「ラスターって何?」
「デカくてヤバいやつ」
―レイとハン・ソロ[出典]

ラスター(Rathtar)は複数の触手を持つタコのような非知覚種族である。その巨体で地面を滑るように移動した。非常に危険な生き物として有名で、狩りをする際には群れで結束力を発揮した。トリリアの大虐殺に大きく関わったことで知られた。

ラスターはサルラックヴィクサスの共通の祖先とされていた。[3]

生態と特徴

ラスターは惑星トウォン・ケティーの湿地帯に生息した獰猛な捕食クリーチャーである。ラスターに関する研究はほとんど行われていなかったが、サルラックブリクサスアンバラヴィクサスと同じ祖先から生まれたと考えられていた。ラスターは分裂で増殖するため、慎重に制御しなかった場合は急速に増殖する可能性があった。

歴史

ラスターは非常に危険な生き物だったため、その生態に関する研究はほとんど行われていなかった。ラスターは1匹捕まえる事すらほぼ不可能と考えられていたが、多くのハンターや収集家がラスターの捕獲を夢見ていた。特に、銀河系の珍しい生き物を集める王族や貴族たちのあいだでは、ラスターのコレクションはライバルの収集家に差をつけるお宝のような存在だった。

トウォン・ケティーにおけるラスター狩りは、銀河共和国時代の後期には既に行われていた。ナブーの侵略以前、エイリアンビッグ・ゲーム・ハンター・チームがトウォン・ケティーを訪れ、ジャングルの湿地でラスターと遭遇した。チームは1匹のラスターによってあっという間に壊滅し、ハンターたちは次々と猛獣の餌食になった。この時、シス卿ダース・モールが近くの樹木の上から猛獣の殺戮を見守っていた。ハンターが全滅した後、モールはを手にしてラスターに挑みかかり、体にまとわりつこうとしてくる触手を切り捨て、本体部分を真っ二つにした。その後、同じ群れに属す別の2匹が姿を現したが、モールはその1匹を斧で、もう1匹をフォースで樹木の下敷きにして撃退した。トウォン・ケティーでの目的を果たした後、モールはシス・マスターダース・シディアスの待つコルサントへ戻った。

ファースト・オーダー=レジスタンス紛争以前、ラスターはトリリアの虐殺を引き起こして悪名を轟かせた。エンドアの戦いの30年後、ハン・ソロチューバッカはクリーチャー収集家として知られるプラナのためにラスターを狩ることになった。モルリージ星系ソルカルヴィス摂政とコレクションを競っていたプラナは、ライバルがラスターを所有していないことを知り、この猛獣の捕獲に多額の報酬金を提示したのである。ソロは報酬の大金を当てにし、カンジクラブグアヴィアン・デス・ギャングから狩りにかかる費用を前借りした。ソロとチューバッカはこの仕事で大勢のクルーを失ったが、最終的に3匹のラスターを手に入れ、バリーン級重貨物船エラヴァナ>に載せることに成功した。

FalconAsAChewToy-TFA

<ファルコン>に取りついたラスター

ラスターを運んでいる途中、ソロはかつての持ち船である<ミレニアム・ファルコン>をウエスタン・リーチで発見し、<エラヴァナ>に積み込んだ。その後、ソロは<ファルコン>に乗り合わせたレイフィンBB-8らと行動を共にすることになる。フィンはソロが重貨物船にラスターを積んでいることに驚愕した。その直後、ソロが借金を返さないことに腹を立てたカンジクラブとグアヴィアン・デス・ギャングが<エラヴァナ>に乗り込み、密輸業者を取り囲んだ。レイは船室のドアを閉鎖してギャングを締め出そうとしたが、誤って船倉のドアを開くスイッチを押してしまう。3匹のラスターが解き放たれたことにより<エラヴァナ>の船内は大混乱に陥り、数名のギャングが猛獣の餌食になった。フィンも危うくラスターに食べられかけたが、レイが船のドアを利用して触手を切断し、彼を救った。ラスターの襲撃を逃れたソロ、チューバッカ、フィン、レイ、BB-8は格納庫の<ファルコン>に乗り込み、ギャングからの逃亡を試みた。1匹のラスターがコックピットに張り付いたが、ソロが構わずハイパードライブを起動したため、ラスターは急激な加速によってばらばらになり、匂いだけを残して消滅した。戦いを生き延びはしたものの、ソロはラスターを届けることに失敗したため、プラナ王の不興を買った。

登場作品

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。