Fandom


ラスト・ショット』(原題:Last Shot)はダニエル・ホセ・オールダーによる正史のスピンオフ小説。映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』とのタイアップ作品で、原書は映画公開に先立つ2018年4月17日に、翻訳版は日本での公開日に合わせて6月29日に発売された。

出版社による作品紹介

上巻

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』番外編!

帝国との戦いを勝利に導いた反乱軍の英雄の一人、ハン・ソロの平穏な日々に突如として現れた旧友ランド。彼は十年前〈ミレニアム・ファルコン〉の持ち主によって盗まれた謎の装置を探している人物から逃れてきたという。友を助けるため、かつて共和国一の悪党として名を馳せた伝説の男が動き出す!

旧三部作の前後を舞台にした『ハン・ソロ』番外編。

下巻

ついに明らかになった、銀河滅亡級の危機!

ハンとランドが追う謎の装置は、銀河の歴史を変えてしまうほどの強大な力を秘めた危険な物だった。二人はチューバッカら仲間たちと、その装置が発している暗号化された通信をたどって、ある場所へと向かう。だが、そこで彼らは不気味なドロイドを操るファイゼン・ゴアという人物の恐るべき計画に巻き込まれてしまう……。

登場人物・用語

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。