Fandom


ラタタック(Rattatak)は銀河系アウター・リム・テリトリーに属す惑星である。シニティーン種族はこの星の出身で、「ラタタッキ」と呼ばれることもあった。クローン戦争以前、ラタタックでは長らく戦乱の時代が続いた。

特徴

Rattatak village

ラタタッキの村

アウター・リム・テリトリー惑星ラタタックは銀河系の平面マップ上で座標H-16に位置し、衛星を少なくとも1つ持っていた。この惑星の地表には地が広がり、知覚種族が呼吸可能な大気を有していた。ラタタックはシニティーン種族の母星で、彼らは惑星名にちなんで「ラタタッキ」と呼ばれることもあった。またラタタックにはラタタッキアン・レッドジャケットと呼ばれるクリーチャーが生息していた。

歴史

銀河共和国時代の後期、幼いアサージ・ヴェントレスはシニティーンの海賊ハルステッドに引き取られ、ダソミアからラタタックへ連れて行かれた。ハルステッドがウィークウェイの略奪者との抗争で命を落とした際、ヴェントレスはラタタックを訪れていた人間ジェダイ・ナイトカイ・ナレックによって保護され、フォースの能力を認められて彼のパダワンとなった。ナレックとヴェントレスはそれから10年にわたってラタタックの民衆を保護し、多くの人々から英雄として評価されたが、一部からは敵対視されていた。最終的にナレックはウィークウェイとの戦いで戦し、再び1人になったヴェントレスはダークサイドへ転向した。彼女は師匠の復讐を誓い、ナレックを死に追いやった軍将たちを殺してラタタックの支配者となった。やがて彼女は弟子を探していたドゥークー伯爵の目に止まり、ラタタックを離れることになる。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。