Fandom


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「ご紹介します、こちらはカミーノのラマ・スー首相」
オビ=ワン・ケノービに対し、トーン・ウィー[出典]

ラマ・スー(Lama Su)はカミーノアン男性で、銀河共和国末期に惑星カミーノ首相を務めた政治家。スー首相はティポカ・シティから惑星を統治し、ジェダイ・マスターサイフォ=ディアスから共和国のための軍隊を発注されると、自らクローントルーパーの製造を監督した。ジオノーシスの戦いの直前、スーとトーン・ウィー補佐官はカミーノを訪れたジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービと対面し、完成したクローン軍団を披露した。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。