ラム・スレッグ(Rum Sleg)は32 BBY当時惑星タトゥイーンモス・エスパ宇宙港に滞在していたヒューマノイド種族賞金稼ぎである。モス・エスパ・グランド・アリーナブーンタ・イヴ・クラシックポッドレースが開催される直前、スレッグはこの宇宙港でDRK-1ダーク・アイ・プローブ・ドロイドとすれ違った。またスレッグは観客としてアリーナを訪れ、ダグポッドレーサーセブルバを応援したが、セブルバはこのレースで人間アナキン・スカイウォーカーに敗北してしまった。

経歴

グランド・アリーナでポッドレースを観戦するスレッグ

銀河共和国時代後期の32 BBY当時[2]ヒューマノイド種族男性であるラム・スレッグは賞金稼ぎとして生計を立て[1]アウター・リム・テリトリー砂漠惑星タトゥイーンに滞在していた。この年、モス・エスパ宇宙港の通りを歩いていたスレッグは、シス・アプレンティスダース・モールジェダイ・マスタークワイ=ガン・ジンナブー女王パドメ・アミダラを捜索するために送り出した[3] DRK-1ダーク・アイ・プローブ・ドロイド[4] とすれ違った。[3]

その直後、ラム・スレッグはモス・エスパ・グランド・アリーナで開催されたブーンタ・イヴ・クラシックポッドレース・イベントをスタンド席で観戦した。1周目が終わった際、スレッグは周囲の観客とともにダグポッドレーサーセブルバに声援を送ったが、結局このダグのレーサーは最終ラップのゴール直前で脱落してしまい、人間アナキン・スカイウォーカーが勝利を飾った。[3]

個性と特徴

タトゥイーン滞在中、ラム・スレッグは塗装された頭蓋のバイザーで素顔を隠していた。[1] また彼はと黒のアーマー一式と、ヘルメット、銀色のバックパックを身につけ、ベルトホルスターブラスター・ピストルを携帯していた。[3]

制作の舞台裏

ラム・スレッグは1999年に公開されたプリクエル・トリロジー第1作『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』に登場するモブキャラクターの1人である。キャラクター名は2001年デサイファー社から発売されたカードゲームで判明した。

スター・ウォーズ正史設定においては、モバイル・カード・ゲーム『スター・ウォーズ フォース コレクション』で初めてラム・スレッグの名前が紹介された。このゲームがスタートしたのは2013年で、正史設定のリブートが行われたのは2014年ではあるが、ルーカスフィルム ストーリー・グループのメンバーであるリーランド・チーは本作の内容は正史設定と整合性がとれていると発言している。[5]

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 スター・ウォーズ フォース コレクション
  2. スター・ウォーズ ギャラクティック アトラス
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
  4. スター・ウォーズ ビジュアル・エンサイクロペディア
  5. TwitterLogo.svg @holocronkeeperリーランド・チー) - Twitter. “I'm not gonna go through the trouble of changing them and I don't have any reason to believe currently that anyone would. […] On the off-chance that we DID have a current need to change any of these, we would have for Force Collection.” スクリーンショット
他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。