ララ・ミネラル・ウォーター(R'alla mineral water)はララで採れる飲料で、活性化作用があると信じられていた。帝国時代密輸業者アストリッド・フェンリスは寒冷惑星ヴァンドアの氷をそのままの状態で輸出し、ララの水と偽って売る詐欺行為を働いていた。[1]

制作の舞台裏

ララ・ミネラル・ウォーターの初出は1979年に発売されたスター・ウォーズ レジェンズの小説『ハン・ソロの復讐』である。翻訳メディアでも複数の作品で言及されており、ラーラ・ミネラル・ウォーターと表記されることもある。正史のメディアでは2018年発売の『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』で初めて言及された。

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。