Fandom


ラング・クラン(Rang Clan)はクローン戦争期から[3] 帝国時代にかけて活動していた犯罪シンジケートである。[1] クリムゾン・ドーンとはライバル関係にあり、ラング・クランに仕えるスパイカーラ・サフワン10 BBYに<ファースト・ライト>でクリムゾン・ドーンの情報を収集していた。[2]

ヴォルパイモレガイはクランの金を使い込んだため賞金を懸けられ、アサージ・ヴェントレスクインラン・ヴォスによって拘束された。[3] また、クランはヤヴィンの戦いの数年前に海賊ホンドー・オナカーにも賞金を懸けていた。[4]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。