Fandom


「これを見てよ。XP-38が出たから人気がなくなったんだ」
「それで充分だ」
ルーク・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービ[出典]
X34-landspeeder

ルーク・スカイウォーカーのX-34ランドスピーダー

ランドスピーダー(Landspeeder)はリパルサークラフトの一種で、地上からわずかに浮揚し、比較的速い速度で移動するスピーダーである。多くのランドスピーダーは新型モデルの発売に伴って価格が下がるため、安価に手に入れることができた。ランドスピーダーは短い距離の移動手段として銀河系各地で使用され、レーシング・マシンとして使われることもあった。

概要

「あのスティンガー、速いな」
「ええ、だけどこっちのほうが速いんじゃないの?」
「だといいけど」
ハンキーラ[出典]
Landspeeder chase

M-68ランドスピーダーとトラックスピーダー

リパルサークラフトの一種であるランドスピーダーは安価でかつ速い乗り物であり、短い距離の移動手段として人気が高かった。ランドスピーダーはリパルサーリフト・テクノロジーを用いて地上からわずかに浮揚して移動するが、高高度まで飛翔することはできなかった。ランドスピーダーの中には信頼性が低く、何度もメンテナンスをしなければならない機種もあった。[1] 他のスピーダーと同様、ランドスピーダーもリパルサーリフトで揚力を、ジェット・エンジンで推進力を得ており[2]、方向転換のためにステアリング用タービン・エンジンを搭載してる機種もあれば[3]、スラスターに付属してるエキゾースト・ノズルを調整することで方向転換を行うものもあった。[4]

多くのランドスピーダーは、パイロットに加えて乗客を1名または複数名乗せることができ[1][5][6]、ランドスピーダーを使って乗客を目的地まで運ぶビジネスも存在した。[7] ランドスピーダーが武器を搭載していることは稀だったが[1]、中には戦闘用に改造され、レーザー砲震盪ミサイルランチャーなどの兵器が取り付けられたものもあった。[8] ランドスピーダーはレーシング用マシンとして使われることもあり、惑星コレリアでは若者たちによってストリート・レースが行われていた。[4] ランドスピーダーと同じく地表を走る乗り物で、ランドスピーダーよりも強力なリパルサーリフトを搭載した“トラックスピーダー”と呼ばれる種別も存在した。[9]

歴史

「ランドスピーダーかスピーダー・バイクでも雇えないか?」
―“マンダロリアン[出典]
Spectres and Ryder pursuit

反乱者たちのRGC-18ランドスピーダー

帝国時代モブクェット・スウープ・アンド・スピーダー社社製のM-68ランドスピーダーはリパルサーリフト・ジェネレーターの改造とオーバーチャージが容易であることから、コレリアンのスピーダー愛好家たちのあいだで人気があった。[10] 13 BBYホワイト・ワームズに所属するスクラムラットハンは、キルモとの取り引きが失敗に終わった際、コアクシウムのカプセルを隠し持ったままキルモのM-68ランドスピーダーを奪い、逃走した。[9] その後、組織のリーダーであるレディプロキシマに逆らったハンは、友人のキーラと一緒にこのM-68に乗り込み、モロックA-A4Bランドスピーダーとチェイスを繰り広げながらコロネット宇宙港へ逃げ込んだ。[6]

ソロスーブ社が製造した[11] RGC-18ランドスピーダーアウター・リム・テリトリーの惑星ロザルで人気があった。[1] 初期反乱運動のさなか、シカトロ・ヴィザーゴ率いるブロークン・ホーン・シンジケート[12]ライダー・アザディ総督率いるロザル抵抗勢力がこのランドスピーダーを使用していた。[13] また安価なV-35クーリエ・スピーダーも、ロザルやタトゥイーンといった辺境の星々で一般的に普及していた。[1]

青年時代、タトゥイーンに住んでいたルーク・スカイウォーカーは、X-34ランドスピーダーを使ってラーズ農場アンカーヘッドトシ・ステーションを行き来した。彼のランドスピーダーはぼろぼろだったが、砂漠の環境で使い続けるために慎重なメンテナンスを施されていた。0 BBY、ルークはオビ=ワン・ケノービR2-D2C-3POらをランドスピーダーに乗せ、モス・アイズリー宇宙港に向かった。ハン・ソロの<ミレニアム・ファルコン>でオルデランに向かうことが決まった後、ルークは報酬のクレジットを捻出するためにランドスピーダーをワイオスリーに売却したが、XP-38ランドスピーダーが登場したばかりだったため、思ったほどの売値にならなかった。[5][14]

一般的にランドスピーダーは安価な乗り物だったが[1]、中には豪華仕様の高級モデルも存在した。ファースト・オーダー=レジスタンス戦争当時、惑星カントニカカジノ都市であるカント・バイトでは、ストリートボス50-50ソーラーノヴァTT-86グロウラー556[15]トライ=ヴァンキッシュ7[16] といった、多くの改造が施された最先端のスピーダーが使われていた。アスティカン・グリッドワークス社ソロスーブ社ナーグラッチ・エアテック社などの製造企業は、カントニカのセレブがこうした高級スピーダーを利用できるよう取り計らい、自社製品の動く広告塔としていた。[15]

主なランドスピーダー製造企業

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。