「ラヴィナックを探してるんだろ?」
「この辺は大丈夫だ。だがポートの近くは危ない。どいつもこいつもグレイ・ホールドを捨てるからな。連中は星全体を自分らのゴミ捨て場だと思ってるんだ」
ミスロルの賞金首人間のパイロット[出典]

ラヴィナック(Ravinak)は惑星マルド・クレイス河に棲息していた巨大なクリーチャーである。氷の下の水中を移動し、地上にいる獲物を見つけると氷を破って姿を現し、2本の大きな牙を使って攻撃した。

歴史

9 ABY人間のスピーダー・パイロットは、乗客である賞金稼ぎの“マンダロリアン”とミスロル賞金首ランドスピーダーに乗せ、ラヴィナックを警戒しながらマルド・クレイスの氷原を移動した。無事にマンダロリアンのガンシップレイザー・クレスト>にたどり着いた後、乗客を降ろして駄賃を受け取ったパイロットは、氷の上に長居するのは危険だと忠告してその場を去っていった。ところが、その直後にパイロットはランドスピーダーもろともラヴィナックに襲われ、水中に引きずり込まれてしまった。ラヴィナックは続けて<レイザー・クレスト>に噛み付いたが、マンダロリアンはなんとかこの獣を撃退した。[1]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。