Fandom


Atticon

この記事の題名はニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

この記事は正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

ラヴィー”(Lovey)はマスター・コードブレイカーが同伴者の女性につけていた愛称である。ラヴィーはコードブレイカーと同じく本名を秘密にしていた。ラヴィーはコードブレイカーの手口をじっくりと観察し、いつの日か暗号破りの“マスター”の称号を奪おうと企んでいた。34 ABY当時、彼女はコードブレイカーとともに惑星カントニカカント・バイトにあるカジノを訪れていた。その際ラヴィーは髪型を“ノヴァ・サンダーリ様式”に整え、セレンディバイトのイヤリングをつけ、トランペット・スカートのラティス・ドレスを着ていた。[1]

制作の舞台裏

“ラヴィー”は2017年12月15日公開の映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』に登場するキャラクターである。女優はイギリス人のリリー・コール

登場エピソード

参考資料

脚注


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。