Fandom


ラーズ農場(Lars homestead)、あるいはラーズ水分農場(Lars moisture farm)は、ラーズ家が所有した砂漠惑星タトゥイーン水分農場である。ジャンドランド荒野の南端、グレート・チョット・ソルト・フラットと呼ばれる平原に位置した。クローン戦争の直前、クリーグ・ラーズと彼の妻であるシミ・スカイウォーカー・ラーズ、クリーグと前妻の子であるオーウェン・ラーズ、オーウェンの恋人ベルー・ホワイトサンがこの農場で暮らしていた。

シミやクリーグの死後、オーウェンは妻となったベルーと共に農場で暮らした。クローン戦争終結後、ふたりは義理の兄弟であるアナキン・スカイウォーカーの息子、ルークを引き取って育てることになった。ヤヴィンの戦いの直前、ラーズ農場はデス・スター設計図を捜索していた帝国軍に襲撃され、オーウェンとベルー夫妻は殺害された。

特徴

「ここからはかなり遠いぞ。モス・アイズリーの向こう側だ、確かそうだった」
ワトー[出典]
Lars Homestead ITW

ラーズ農場

ラーズ家が所有する水分農場は、アウター・リム・テリトリー砂漠惑星タトゥイーンにあり、ジャンドランド荒野の南端に広がるグレート・チョット・ソルト・フラット平原に位置していた。[3] 荒涼とした場所に建てられた質素な住まいであるラーズ農場[4]、同地帯に点在する水分農場のコミュニティに属していた。[3] ラーズ家の暮らしはタトゥイーンの都市経済を動かす密輸賭博から遠く離れたところにあり、最寄りの街はアンカーヘッドだった。[5]

双子の太陽がもたらす容赦ない熱気から生活を守るため[5]、ラーズ農場の大部分は地下に設けられており、いくつかの部屋が繋がった複合的な建物になっていた。地上のエントリー・ドームポアストーン製で、ソルト・フラットの開拓者であるクリーグ・ラーズが手作りしたものだった。エントリー・ドームから続く通路を下ると、広い貯蔵区域と、わずかばかりの収穫物がある耕畑、そしてラーズ家の生活区画があった。エントリー・ドームや、農場に点在する水分凝結機は日中の熱と砂混じりのにさらされて摩耗していたが、乾燥した砂漠の単調な景色の中で唯一の目印になっていた。[3]

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場エピソード

Obi-Wan arriving at homestead

ラーズ農場にやってきたオビ=ワン・ケノービ

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。