Fandom


ラーン・ティク(Laan Tik)はカジェインサニクトジェダイで、銀河共和国時代の末期にクローン戦争に参加したジェダイ将軍である。クローン戦争序盤の22 BBY、ティクはクローン・キャプテンレックス率いる第501軍団第224師団マッド・ジャンパーズとともにミンバンの戦いに参加する。しかしミンバンの地上で独立星系連合バトル・ドロイドと戦っていたとき、ティクは銃撃をライトセーバーで防ぎ切ることができず、戦した。

経歴

ミンバンの戦い

Battle of Mimban

ミンバンで戦うティク(右)

カジェインサニクトのラーン・ティクは、フォース感応能力を見出されてジェダイ・オーダーに加わり、クローン戦争では共和国グランド・アーミージェダイ将軍として独立星系連合と戦った。クローン戦争序盤の22 BBY、ラーン・ティクはミンバンの戦いに参加し、クローン・キャプテンCT-7567(レックス)率いる第501軍団クローン・トルーパー[1]第224師団に所属する[2] マッド・ジャンパーズたちとともに分離主義勢力ドロイド軍に立ち向かった。[1]

惑星ミンバンの地上で繰り広げられたバトル・ドロイドとの緊迫した戦闘のさなか、キャプテン・レックスは第501軍団に前進を指示し、マッド・ジャンパーズにはラーン・ティクの支援を命じた。ティクはB1バトル・ドロイドフォース吹っ飛ばしながら手助けは必要ないと答えたが、レックスとハードケースジャー・ジャー・ビンクス下級代議員の安全確保について話し合っていたとき、ティクは胸に銃弾を食らって戦してしまう。ビンクスはティクの死体に手をあててその死を悼み、レックスは部下たちに退却を指示した。[1]

その後

Laan Tik corpse

ラーン・ティクの死を悼むビンクス

ラーン・ティクが戦死したため、ジャー・ジャー・ビンクスがミンバンの銀河共和国軍の中で最高位のメンバーとなった。分離主義勢力の偏向シールド発生装置を破壊するのにこれ以上の犠牲を出すわけにはいかないと考えたレックスは、共和国軍司令部に部隊の回収を要請するよう部下に命じ、単独でシールド発生装置の破壊に向かった。レックスはバトル・ドロイドに追いつめられたが、ラーン・ティクのライトセーバーを手にしたビンクスが彼の窮地を救った。レックスは一瞬ティク本人が現れたのかと勘違いしつつも、このグンガンの代議員とともにバトル・ドロイドの軍勢に立ち向かっていった。[1]

個性と特徴

ラーン・ティクはカジェインサニクト種族で、は灰、肌は薄紫色だった。ティクはジェダイの将軍として自ら最前線でバトル・ドロイドと戦った。ティクは戦闘技術に自信を持っており、キャプテン・レックスがマッド・ジャンパーズにティクの援護を命じた際には、手助けは無用だと答えた。しかしその直後、ティクは敵の攻撃を防ぎきれずに戦死した。[1]

技術と能力

フォース感応者であるラーン・ティクは、独立星系連合のB1バトル・ドロイドを一度に複数体フォースで吹っ飛ばすことができた。またティクはライトセーバーの戦闘技術を積んでいた。[1]

装備

ティクはジェダイ将軍としてジェダイ・コマンダー・アーマーと茶色のローブを身に着けていた。またティクは青いブレードを発するライトセーバーを所有していた。[1]

制作の舞台裏

ラーン・ティクは短編コミック『501プラス・ワン』(マーク・グッゲンハイム作、カスパー・ワインガード画)で初登場を果たした。本作は2019年1月16日に発売された『エイジ・オブ・リパブリック スペシャル』に収録されている3本の短編のうちのひとつである。

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。