Fandom


リィーア(R'iia)は砂漠惑星ジャクーの住民ティードーが信仰した。リィーアは慈悲深い神ではなく、すべての罪に罰を与える存在として知られていた。ティードーはジャクーの嵐をザスリィーアと呼び、ジャクーのさまざまな地域が長年嵐に苦しめられてきたのもリィーアの罰として受け入れていた。彼らにとって宇宙船の墓場はリィーアの怒りの記念碑だった。多くのティードーは廃品回収を生業にしていたが、狂信的なティードーは同胞のゴミ漁りを冒涜者として攻撃した。同じジャクーの住民でも、人間レイはリィーアを信じていなかった。

登場エピソード

参考資料

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。