Fandom


「私を倒してみろ!」
―リゴッソーの最期の言葉[出典]

リゴッソー(Rigosso)は惑星クォーザイト出身の男性ベルーガンで、オチュア・ブランクの軍隊に仕えた少佐クローン戦争中、ブランクの大切な荷を守るためケイジ・ウォリアーと戦い、クリズモー・ソーディに殺された。

経歴

クローン戦争中、リゴッソー少佐惑星クォーザイトの支配者であるオチュア・ブランクに仕えていた。ブランクがケイジ種族プルーマ・ソーディを花嫁に選んだ時、リゴッソーは彼女をブランクの砦まで安全に届ける役目を与えられる。プルーマを乗せたサブトラムケイジ・ウォリアーから守るため、リゴッソーは6人の賞金稼ぎボバ・フェットボスクラッツ・ラジィC-21ハイシンガーデンガーアサージ・ヴェントレス)を雇った。リゴッソーはクォーザイト宇宙ステーションで6人を迎え、ターボリフトでサブトラムの発車施設へ降下した。

サブトラムがケイジの襲撃を受けると、リゴッソーはブラスターを手にとって自ら戦いに参加した。リゴッソーはケイジ・ウォリアーを率いるプルーマの実の兄、クリズモー・ソーディとの一騎打ちに臨み、妹を救いたければ自分を殺してみろと挑発した。しかしその言葉を終えるや否や、クリズモーが投げたエレクトロ・ソードが胸に突き刺さり、リゴッソーはあっけない最期を遂げる。その後ヴェントレスがクリズモーを倒したが、彼女はブランクを欺いて賞金を騙し取り、ケイジからも礼金を受け取ってソーディ兄妹を解放した。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。