Fandom


リスタール・サント(Rystáll Sant)は人間シーリン種族混血で、マックス・レボ・バンドに所属していた女性歌手兼シンガーである。リスタールは惑星コルサント出身で、オートラン音楽家によって育てられた。4 ABY当時、リスタールはグリアータ・ジェンドワニアンリン・ミーとダンサーのトリオを組み、惑星タトゥイーンにあるジャバ・ザ・ハット宮殿でパフォーマンスを行っていた。

経歴

TaneelandHalliikeenovich

オペラ・ハウスにて、リスタール(奥)

シーリン種族人間のハーフであるリスタール・サントは、銀河共和国の時代に、惑星コルサントに住むオートラン音楽家によって育てられた。養女の芸術的な才能を信じていた育て親のもとで、リスタールは歌手兼ダンサーとして成長した。[1]

クローン戦争中の19 BBYコルサントの戦いの直後、リスタールはギャラクシーズ・オペラ・ハウスを訪れた。この日、オペラ・ハウスでは『スクイッド・レイク』の公演が行われていた。ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーシーヴ・パルパティーン最高議長に会うため彼のボックス席へ向かっていった時、リスタールはオペラ・ハウスの通路に居合わせた。[4]

リスタールはその魅力でさまざまな人々の目を惹きつけてきたが、あるとき犯罪組織ブラック・サンのトップクラスの幹部に目をつけられてしまった。彼女はその幹部に騙されて奴隷として売り飛ばされたが、のちにランド・カルリジアンの助けを借りて自由の身になる。やがてリスタールは、オートランの育て親の手配で、マックス・レボ・バンドに加わることになった。彼女はこのバンドトワイレックリン・ミーローディアングリアータ・ジェンドワニアンとカラフルなダンサーのトリオを組み、観客を魅了した。[1] やがて彼女はベテランの歌手兼ダンサーとなり、銀河全域に及ぶキャリアの中で数多くのステージを踏んだ。[2]

DancingTrio-ROTJ

リスタール、グリアータ、リン・ミー

帝国時代、リーダーのマックス・レボ犯罪王ジャバ・デシリジク・ティウレと不条理な契約を結んでしまったため、バンドのメンバーは惑星タトゥイーンデューン・シーにあるジャバの宮殿で長期にわたってパフォーマンスを行うことになった。[1] 4 ABYレイア・オーガナルーク・スカイウォーカーが宮殿にやってくる直前、リスタールはバンドの他のメンバーとともにジャバの前で『ジェダイ・ロック』を披露した。演奏の途中、リスタールたちはトワイレックの踊り子ウーラがジャバの不興を買って猛獣ランコアの餌にされてしまったのを見てショックを受けた。[3] またこの日、リスタールは悪名高い賞金稼ぎボバ・フェットの注意を惹きつけた。[1][3]

個性と特徴

リスタール・サントはシーリンと人間の混血で、身長は1.7メートルだった。彼女のは黄色で、肌は白、髪のは鮮やかな朱色だった。また彼女は体に濃いピンク色の斑点があり、舞台ではこの斑点をメーキャップで強調していた。ギャラクシーズ・オペラ・ハウスを訪れた時、リスタールは茶色いドレスの上に、かつてのファンであるシル・ロームズから贈られたケープを羽織っていた。[1]

制作の舞台裏

RystalSant2-SWM80

リスタール・サント

リスタール・サントは1997年に公開された『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の特別編で初登場を果たした。女優はダンサーのメルセデス・ノー

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。