Fandom


「ランドスピーダーかスピーダー・バイクでも雇えないか?」
―“マンダロリアン[出典]
Koro-2

エアスピーダー

リパルサークラフト(Repulsorcraft)、あるいはリパルサーリフト・クラフト(Repulsorlift craft)とは、反重力装置のリパルサーリフトを使って大気圏内を移動する乗り物の総称である。文明が進んだ多くの惑星では、大気圏内用ビークルのほとんどがリパルサーリフトを利用していた。これらの乗り物には、ランドスピーダーのように地表を移動するものから、エアスピーダーのように上空を移動するもの、はたまたクッション・シートにエンジンを積んだだけの単純なものから、大型の豪華船まで、用途や環境に合わせてさまざまな種類が存在した。またコルサントをはじめとする都市型惑星では、スカイレーンと呼ばれる上空の交通網が無数のリパルサークラフトの往来で賑わっていた。[1]

主なリパルサークラフトの分類

スピーダー

銀河系ではスピーダーと総称されるさまざまなリパルサークラフトが民間・軍用を問わず一般的に使用されていた。スピーダーはリパルサーリフトによって浮揚し、ジェット・エンジンを使って速度を得ると同時に、補助用のスラスターを使って方向転換を行った。しかしどの機体にも共通する特徴はこれだけで、その他は飛行する環境に応じてさまざまな種類が存在した。[2]

エアスピーダー

Blue Glass Arrow 詳細はエアスピーダーを参照
ComfortRidePassengerAirspeeder-TCWs2BR2

コンフォートライド旅客エアスピーダー

エアスピーダーは主に大気圏上層での移動手段として用いられた。[3][4] エアスピーダーの中には、デスラー・ジズ・アウトワールド・モビリティ社が製造したコロ2全地形対応エグゾドライブ・エアスピーダーのように2人しか乗れないものもあれば、ハイロティ社が製造したコンフォートライド旅客エアスピーダーのように複数の乗客を運ぶために設計されたものもあった。[5] コルサントを始めとする惑星では、高層ビルが立ち並ぶ上空での移動手段として、エア・タクシーと呼ばれるサービスが提供されていた。[6] インコム社が製造したT-16スカイホッパーは、大気高層まで飛べる飛行能力とスピードが人々から支持され、銀河系全域で人気の個人用エアスピーダーとなったが、武器の積載能力が低かったため帝国軍にはほとんど見向きもされていなかった。一方、同じくインコム社のT-47エアスピーダーは、銀河内戦中に反乱同盟によって改造を施され、“スノースピーダー”としてホスの戦いなどで活躍した。[5]

ランドスピーダー

Blue Glass Arrow 詳細はランドスピーダーを参照
Landspeeder chase

ランドスピーダー

ランドスピーダーは地上における移動手段として用いられ、地面からわずかに浮遊して飛行した。[7] ランドスピーダーは安価だが素早く、短い距離の旅に適しており、武器を搭載していることは稀だった。ほとんどのランドスピーダーは新型モデルの発売に伴ってすぐに価格が落ちることで知られ、中には信頼性が低く何度もメンテナンスが必要な機種もあった。帝国時代V-35クーリエは安価なランドスピーダーとしてロザルタトゥイーンなどのアウター・リムの星々でよく使われていた。[5] モブクェット・スウープ・アンド・スピーダー社が製造したM-68ランドスピーダーを始めとするモデルはレース用マシンとしても使われた。[8]

スピーダー・バイク

Blue Glass Arrow 詳細はスピーダー・バイクを参照
Speeder bike SWCT

74-Zスピーダー・バイク

スピーダー・バイクは主に1人乗りの、迅速かつ小回りがきく移動手段として用いられた。[7][9] 銀河系のいたるところで目にすることができ、メーカーによって民間用と軍事用の両方が造られていた。どのモデルも高スピードでの移動が可能だが、パイロットには技術と反射神経が求められた。アラテック・リパルサー社が製造した74-Zスピーダー・バイクは、クローン戦争と銀河内戦の両方で使われた有名なモデルである。[10] またクローン戦争ではBARCスピーダーと呼ばれるモデルも共和国グランド・アーミーによって使われた。これは偵察任務に適していた他、コルサント保安部隊による治安維持活動にも使われた。[5]

スピーダー・バイクよりもはるかに強力かつ危険な、スウープと呼ばれる乗り物も存在した。[11] スウープは細かい操作が効かず、“座席付きのエンジン”と揶揄されるほど荒っぽい乗り物だった。コア・ワールドではスウープ・レースが人気の娯楽だったが、辺境の領域でこの乗り物に乗るのはほとんどがスウープ・ギャングだった。エンフィス・ネスト率いるクラウド=ライダーズが使用したケリ=マーセド社製のスカイブレード330ハルバード441[8]ホンドー・オナカー率いるオナカー・ギャングが使用したスターホーク・スピーダー・バイクなどのモデルが知られる。[5][11]

スキッフ

Blue Glass Arrow 詳細はスキッフを参照
Bantha II Cargo Skiff

バンサIIカーゴ・スキッフ

スキッフは乗客や荷物を運搬するために使用されたリパルサークラフトである。ユブリキアン・インダストリーズ社が製造したバンサIIカーゴ・スキッフは運転手1名によって操作可能な平べったい乗り物で、乗客や荷物を守る保護具は柵しか無かった。[1] また反乱同盟が銀河内戦で使用した対車両スキッフのように、武器を積んだスキッフが軍事利用されることもあった。[12] 上の利用を目的としたシー・スキッフと呼ばれる乗り物も存在した。[13] また“スキッフ”という言葉はリパルサークラフトだけでなく宇宙船の分類名としても使われることがあった。[2]

スキマー

Blue Glass Arrow 詳細はスキマーを参照
Pasaana chase

スキマー

スキマーは快速のリパルサークラフトであり、スキッフとよく似た構造を持っていた。スキマーには必要最低限の機能しかない実用本位の乗り物だったが、用途に合わせて容易に改造することができた。パサーナなどの惑星では、スキマーが畑を耕したり、荷物を牽引したり、家族で移動するためのビークルとして活用されていた。ソロスーブ社製のHS-19荷積み輸送スキマーや、ゴーコープ社製のアルンスキン75Dスキマーなどが知られる。[14]

セール・バージ

Blue Glass Arrow 詳細はセール・バージを参照
Khetanna boom

ジャバのセール・バージ

ポッドレーサー

Blue Glass Arrow 詳細はポッドレーサーを参照
AnakinSkywalkersPodracer-SWE

アナキン・スカイウォーカーのポッドレーサー

ホバータンク

Blue Glass Arrow 詳細はホバータンクを参照

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。