Fandom


類似した名称の記事はリベレーターを参照

<リベレーター>(Liberator)、別名<フェニックス・ホーム>(Phoenix Home)はヤヴィンの戦いの数前にフェニックス戦隊が使用したCR90コルベットシス卿ダース・ヴェイダーとの戦いペルタ級フリゲートの<フェニックス・ホーム>が破壊された後、コマンダージュン・サトーの新しい旗艦になった。<リベレーター>は困難な状況やトラブルに直面することが多く、<ゴースト>のクルーのおかげで窮地を脱したことが何度もあった。

特徴

<リベレーター>はコレリアン・エンジニアリング社製のCR90コルベットだった。フェニックス戦隊旗艦になった後は<フェニックス・ホーム>という名で呼ばれることもあった。艦隊の他のコルベットと区別するため、<リベレーター>には青いペイントが施されていた。

歴史

ロザル包囲戦のさなか、シス卿ダース・ヴェイダーが操縦するTIEアドバンストによってフェニックス艦隊の旗艦<フェニックス・ホーム>が破壊された。この戦いの後、コマンダージュン・サトーはCR90コルベットの<リベレーター>を新しい旗艦に選んだ。

ロザル包囲戦の後、コマンダー・サトーやエズラ・ブリッジャーの乗る<リベレーター>は行方不明になった反乱軍パトロール艇を捜索するためデル・ゼニス星系へ赴いたが、帝国宇宙軍の試作機インペリアル・インターディクター重力井戸発生装置に捕捉され、ハイパースペースから引き戻された。<リベレーター>はインターディクターに収容され、サトーたちはブロム・タイタス提督の捕虜になった。サトーが敵に捕らえられたことを知ったフェニックス・リーダーヘラ・シンドゥーラは、ケイナン・ジャラスと元クローン・キャプテンレックスチョッパーを救出任務に派遣した。彼らはインターディクターに潜入して重力井戸発生装置に細工を施し、<リベレーター>で脱出した。インターディクターが味方の艦船と衝突して自滅した後、<リベレーター>はハイパースペースに飛びこんだ。

また、惑星ガレルでは帝国宇宙軍のスター・デストロイヤーにトラックビームで捕捉されるが、

ゴースト>がトラックビーム発生装置を破壊したことで解放された。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。