Fandom


類似した名称の記事はリレントレスを参照

<リレントレス>(Relentless)はカシウス・コンスタンチン提督が指揮を執った帝国宇宙軍インペリアルI級スター・デストロイヤーである。15回目の帝国の日皇帝ジェダイ・ハンターを務める尋問官を手伝い、惑星ロザルから逃亡した反乱者たち宇宙船ゴースト>を追った。

歴史

<ゴースト>追跡

Konstantine and The Inquisitor

<リレントレス>艦内にて、コンスタンチン提督と大尋問官

ロザルの反乱当時、カシウス・コンスタンチン提督インペリアルI級スター・デストロイヤーリレントレス>の指揮官を務めていた。15回目の帝国の日、コンスタンチン提督と<リレントレス>は惑星ロザルから逃亡した帝国情報センターの下級技師シーボを捕まえるため、パウアン大尋問官に力を貸した。シーボを乗せた反乱者たちVCX-100軽貨物船ゴースト>がハイパースペースへ逃げ込む直前、大尋問官はこの船にXX-23 Sスレッド追跡装置を取り付けることに成功する。<リレントレス>は追跡装置の信号をキャッチし、反乱者たちが小惑星PM-1203に逃げ込んだことを突き止めたが、大尋問官はコンスタンチンの助力を拒否し、少人数のストームトルーパーを引き連れて自らセンチネル級着陸船で小惑星へ赴いた。しかし大尋問官はトルーパー数名とシャトルを失ったうえ、反乱者を取り逃がしてしまった。

カルリジアンの密輸

帝国の日の事件の後、<ゴースト>のクルーはギャンブラーランド・カルリジアン密輸行為を手伝うことになった。彼らは犯罪者アズモリガンからパファー・ピッグを騙し取ってロザルに戻ったが、惑星の軌道はコンスタンチン提督の<リレントレス>によって封鎖されていた。<ゴースト>は船の識別信号を偽装して<トンティン>という偽名を名乗ったが、パファー・ピッグが船内でトラブルを起こした際、ガラゼブ・オレリオスが誤って偽装装置を解除してしまった。コンスタンチンは偽名に騙されかけたがすぐにTIEファイターを出撃させ、<ゴースト>をターボレーザーで撃ち落とそうとした。しかし<ゴースト>はロザルの雲の中でTIEを撒き、<リレントレス>による追跡を振り切った。

ロザル包囲戦

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。