「ここがボスの秘密計画の隠し場所か? リンガリ星雲なんて誰が近づきたがる?」
「だからこそ、なんでしょう」
フリスクケオ・ヴェンジー[出典]

リンガリ星雲(Ringali Nebula)はコア・ワールドボーメア宙域に属す星雲である。[1] 美しくも危険な領域であり、この星雲の乱流によって引き裂かれた衛星ガリタンの破片が、赤熱する小惑星帯を形成していた。また新共和国ナディリ造船所はリンガリ星雲の辺縁に隠されていた。[3]

登場エピソード

脚注

  1. 1.0 1.1 Star Wars:スコードロン』にてリンガリ星雲はボーメア宙域の領域として描かれている。『スター・ウォーズ:レベル・ファイルズ』によればシャンドリラも同宙域に属しており、また『反乱軍の危機を救え! レイア姫の冒険』によればシャンドリラはコア・ワールドに含まれる。これらを総合すると、リンガリ星雲もコア・ワールドに属していることになる。
  2. Star Wars:スコードロン
  3. 3.0 3.1 「STAR WARS:スコードロン」マップ&ロケーション - EA公式サイト

外部リンク

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。