Fandom


「どうしてそんなにお強くなられたんです?」
「ルイカを食べてね」
―戦闘訓練の担当官と幼いレイア・オーガナ[出典]

ルイカ(Ruica)は茹でれば人間食べ物となる、植物である。銀河帝国時代、惑星オルデランではブロエストから運ばれてきたルイカの種が栽培され、食べ物として消費されていた。幼い頃、プリンセスレイア・オーガナはルイカの味が好きではなかったが、養父ベイル・オーガナから、食べ物の好き嫌いをせずルイカを食べて丈夫になるよう教え諭された。銀河帝国によってオルデランが破壊された後、レイアは反乱軍パイロットエヴァン・ヴァーレインと一緒にルイカを食べた時に、故郷や養父のことを思い返した。

特徴

「ルイカはお嫌いですか?」
「いえ、大好きよ」
エヴァン・ヴァーレインレイア・オーガナ[出典]

ルイカは種から育つ植物である。茹でれば人間食べ物となり、フォークなどの食器を使って消費された。[1]

歴史

「このルイカの種は、勇敢なパイロットがはるばるブロエストから運んできたんだ。この地の農家に育ててもらって、食べた子供達が丈夫になるようにとね」
ベイル・オーガナ[出典]
Leia and ruica

ルイカが嫌いだった幼い日のレイア

銀河帝国銀河系を統治した時代、ルイカの種はブロエストから惑星オルデランへ輸出され、現地の農家によって食用に栽培されていた。幼い頃、オルデラン王室プリンセスであるレイア・オーガナはルイカの味が好きではなかったため、食事の席で文句を言った。するとレイアの養父であるベイル・オーガナは、パイロットの勇気と農家の人たちの苦労があるからこそルイカが食卓に届いているのだと語り、好き嫌いせずにルイカを食べて丈夫になるよう彼女を説得した。後日、レイアは戦闘訓練の担当官である女性とスパーリングを行い、彼女に打ち勝った。なぜそれほど強くなったのかとスパーリング・パートナーから聞かれたレイアは、ルイカを食べたからだと答え、相手を笑わせた。[1]

0 ABY[2]、銀河帝国の超兵器デス・スターによってオルデランが破壊された後、反乱同盟の一員となっていたレイアは、オルデラン難民救出任務のため惑星ナブーへ向かうT-1シャトルの船内で、反乱軍パイロットエヴァン・ヴァーレインとともにルイカを食べた。レイアはルイカを食べる前に匂いを嗅ぎ、幼い頃の故郷や義父のことを思い出した。ヴァーレインはルイカをにしないレイアを見て、この食べ物が嫌いなのかと尋ねたが、物思いから覚めたレイアは、むしろ大好きだと答えてルイカを食べた。[1]

制作の舞台裏

ルイカは2015年3月18日に発売された[3] 正史コミックスター・ウォーズ:プリンセス・レイア #2』(マーク・ウェイド著、テリー・ドッドソン画)で初登場を果たした。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。