Fandom


(歴史:clean up, replaced: [[ナブーの侵略| → [[ナブーの侵略/レジェンズ|)
68行: 68行:
 
この貨物船は[[ルクレハルク級LH-3110貨物船]]の後継デザインだった。もともとは商業用の宇宙船として使われたこの貨物船は、もっぱら[[トレード・フェデレーション/レジェンズ|トレード・フェデレーション]]のために製造され、彼らの巨大な[[トレード・フェデレーション貿易艦隊|貿易艦隊]]の一部になっていた。
 
この貨物船は[[ルクレハルク級LH-3110貨物船]]の後継デザインだった。もともとは商業用の宇宙船として使われたこの貨物船は、もっぱら[[トレード・フェデレーション/レジェンズ|トレード・フェデレーション]]のために製造され、彼らの巨大な[[トレード・フェデレーション貿易艦隊|貿易艦隊]]の一部になっていた。
   
[[ナブー/レジェンズ|ナブー]]の[[ナブーの侵略|危機]]までのあいだ、フェデレーションは使用可能なこの貨物船の10から35パーセントを装甲[[ルクレハルク級バトルシップ|バトルシップ]]へと改造していた。その中のいくつかは、戦闘を調整する[[ルクレハルク級ドロイド司令船|ドロイド司令船]]に改造されていた。[[32 BBY]]のナブー封鎖の中、これらの改造された宇宙船は、[[銀河元老院/レジェンズ|銀河元老院]]からの疑惑を避けるために通常の貨物船であるかのように偽装していた。その後LH-3210は[[クローン大戦/レジェンズ|クローン大戦]]中にもバトルシップに改造され、[[連合宇宙軍]]を構成する一要素になっていた。
+
[[ナブー/レジェンズ|ナブー]]の[[ナブーの侵略/レジェンズ|危機]]までのあいだ、フェデレーションは使用可能なこの貨物船の10から35パーセントを装甲[[ルクレハルク級バトルシップ|バトルシップ]]へと改造していた。その中のいくつかは、戦闘を調整する[[ルクレハルク級ドロイド司令船|ドロイド司令船]]に改造されていた。[[32 BBY]]のナブー封鎖の中、これらの改造された宇宙船は、[[銀河元老院/レジェンズ|銀河元老院]]からの疑惑を避けるために通常の貨物船であるかのように偽装していた。その後LH-3210は[[クローン大戦/レジェンズ|クローン大戦]]中にもバトルシップに改造され、[[連合宇宙軍]]を構成する一要素になっていた。
 
==登場作品==
 
==登場作品==
 
*[[スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス]] {{1st}}
 
*[[スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス]] {{1st}}

2016年5月9日 (月) 14:24時点における版

Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ルクレハルク級LH-3210貨物船[1]( Lucrehulk-class LH-3210 cargo freighter)はホーシュ=ケッセル・ドライブ社が製造した輸送船貨物船である。

歴史

この貨物船はルクレハルク級LH-3110貨物船の後継デザインだった。もともとは商業用の宇宙船として使われたこの貨物船は、もっぱらトレード・フェデレーションのために製造され、彼らの巨大な貿易艦隊の一部になっていた。

ナブー危機までのあいだ、フェデレーションは使用可能なこの貨物船の10から35パーセントを装甲バトルシップへと改造していた。その中のいくつかは、戦闘を調整するドロイド司令船に改造されていた。32 BBYのナブー封鎖の中、これらの改造された宇宙船は、銀河元老院からの疑惑を避けるために通常の貨物船であるかのように偽装していた。その後LH-3210はクローン大戦中にもバトルシップに改造され、連合宇宙軍を構成する一要素になっていた。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は他のルクレハルク級と統一。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。