Fandom


ルゴサ(Rugosa)は銀河系アウター・リム・テリトリーに属し、惑星トイダリアの近くに位置した温暖な衛星である。地表にはサンゴが生い茂り、ごつごつした岩の洞窟地帯が広がっていた。クローン戦争中、ジェダイグランド・マスターヨーダと、トイダリアンの民衆を率いるカトゥーンコ大王は、中立地帯と見なされていたルゴサを会談の場に選んだ。トイダリアンを味方につけようという銀河共和国の試みを阻止すべく、独立星系連合はルゴサにアサージ・ヴェントレスを送り込んで会合を妨害したが、ヨーダは分離主義者の部隊を撃退してカトゥーンコの命を救い、トイダリアンの忠誠を獲得した。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。