Fandom


「恐怖は積み重ねた信頼を一瞬で破壊します」
―ルソーISC[出典]

ルソーISC(Russo-ISC)はクローン戦争期にジェダイ・オーダーのために働いた犯罪現場分析ドロイドアナキン・スカイウォーカーアソーカ・タノと共にジェダイ・テンプル格納庫爆破事件の調査に当たった。

経歴

JediAndRusso-S

爆破事件を調査するルソーISC

ジェダイ・テンプルのセンサーやセキュリティ・ネットワークにアクセスすることができたルソーISCは、ジェダイの調査員の活動を手伝い、ジェダイですら手に負えない事件の解決に貢献した。クローン戦争の終盤、ジェダイ・テンプルの格納庫で6名のジェダイクローン・トルーパー、一般の従業員を巻き込む爆破事件が発生した際、ジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥはルソーISCに調査の責任者を務めるジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーパダワンアソーカ・タノのアシストを命じた。ルソーとタノは事件の目撃者から聞き取り調査を行い、武器弾薬の統括責任者ジャッカー・ボウマーニに容疑者の目星をつけた。しかしルソーは爆破事件でバラバラになったボウマーニの死体の一部を発見し、ボウマーニ自身がナノ=ドロイド爆弾の運び役として利用されていたことを突き止めた。ルソーの調査結果を受け、スカイウォーカーとタノはボウマーニの妻であるレッタ・ターモンドを爆破犯として逮捕した。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。