Fandom


「赤と紫はルビジウムとストロンチウム。この二つは近くで呼吸するだけで人を殺せる」
レイの日記より[出典]

ルビジウム(Rubidium)は銀河内戦期にスターシップの燃料として使用されていた物質。砂に垂らせば紫色に変色した。スターシップの残骸が転がる惑星ジャクー宇宙船の墓場には、他のさまざまな物質と共にルビジウムも残されていた。ルビジウムは有で、近くで吸えばそれだけで致命的だった。廃品回収業者レイは日記にルビジウムの特徴を記録していた。

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。