Fandom


「昔、彼らの先祖は母星を捨てこの地に降り立った。その者達は、乗ってきた船を焼き捨てた。母星を汚染した科学技術を葬らねばこの星も汚れると考えたのだ」
ファズマ[出典]

ルプロル(Lupr'or)は黄緑の肌を持つ、人間に近い外見のヒューマノイド知覚種族である。本来の母星が科学技術によって汚染された後、ルプロルは未開の惑星ルプロラに移住し、スターシップを焼き払ってテクノロジーを放棄した。彼らはしばらくのあいだから食料を得る生活を送ったが、やがてルプロルでも環境問題が発生し、気候が悪化して海水面が上昇した。惑星からは農地が消え、巨大な水生生物ツエルや原住生物のロラがルプロルの生活を脅かすようになった。34 ABYファースト・オーダーキャプテンファズマソル・リヴァス追ってルプロラにやってきた時、ルプロルの民は彼女をの使者とみなした。[1]

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。