Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

銀河共和国時代の末期、ミリアランジェダイ・マスタールミナーラ・アンドゥリは緑色のブレードを放出するライトセーバーを所有していた。

特徴

ミリアランジェダイ・マスタールミナーラ・アンドゥリライトセーバーは28センチメートル(11.02インチ)で、合金製だった。マスター・プロ・クーンライトセーバーと同様、柄の底部が円錐形のラジエーター・ケース・セグメントになっていた。しかしクーンのセーバーと違って腐食を防ぐためケーシングにマンガン黄銅を用いた処理がなされていた。アンドゥリのライトセーバーには緑色のカイバー・クリスタルが内蔵されていた。[2]

歴史

22 BBY、ルミナーラ・アンドゥリはパダワンバリス・オフィーとともにクローン戦争の初戦であるジオノーシスの戦いに参加し、ライトセーバーを使って独立星系連合バトル・ドロイドジオノージアンと戦った。[1] 同じ年、アンドゥリはトレード・フェデレーションヴァイスロイヌート・ガンレイの護送任務を任され、パダワン・アソーカ・タノとともにヴェネター級スター・デストロイヤートランクィリティ>に乗り込んだ。この船は航行中に分離主義勢力の襲撃を受け、アンドゥリとタノはアサージ・ヴェントレスとライトセーバーの対決を繰り広げた。[4]

21 BBY、アンドゥリは第二次ジオノーシスの戦いでもこのライトセーバーを使用した。[5] 戦闘中、彼女は分離主義勢力の指導者の1人であるポグル・ザ・レッサー大公を追ってプロゲイト寺院にたどり着いた。ジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカーキ=アディ=ムンディオビ=ワン・ケノービらに連絡をとっていた時、アンドゥリはブレイン・ワームに操られたジオノージアンのゾンビに襲われ、ライトセーバーを起動した。アンドゥリはジオノージアンの攻撃で気を失って捕虜になり、プロゲイト寺院に駆けつけたケノービとスカイウォーカーが床に落ちたアンドゥリのライトセーバーを発見した。スカイウォーカーは寺院における戦いで一時的にアンドゥリのセーバーを自分の物と一緒に使用し、のちに持ち主に返した。[6]

制作の舞台裏

Luminara-CoD

『闇のマント』で底部が銀色のライトセーバーを持つルミナーラ・アンドゥリ

底部のプレートが金色という点を除き、ルミナーラ・アンドゥリのライトセーバーはプロ・クーンのセーバーと酷似している。TVシリーズ『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』のエピソード『闇のマント』では制作スケジュール上の都合でアンドゥリのライトセーバーのデザインが間に合わず、プロ・クーンのセーバーの3Dモデルがそのまま流用されてる。第二次ジオノーシスの戦いを描くシリーズから正しい3Dモデルに差し替えられた。[7]

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。