Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

類似した名称の記事はジェダイ・テンプル(総称)を参照
「わたしは彼のほかに12名の弟子をとり、寺院で訓練を始めた」
ルーク・スカイウォーカー[出典]

銀河内戦終結した後、ルーク・スカイウォーカーはあるジェダイ・テンプル新世代ジェダイ訓練し始めた。[2] しかし彼の弟子のひとりにして、実のでもあるベン・ソロフォースのダークサイドに転向し、他の弟子たちを殺してしまった。[3] この事件でテンプルは炎上し、ジェダイの再建は失敗に終わった。34 ABYフォース感応能力を持つゴミ漁りレイは、タコダナスカイウォーカーのライトセーバーに手を触れた際にフォースのヴィジョンを経験し、焼け落ちるテンプルを力なく見守るスカイウォーカーとアストロメク・ドロイドR2-D2の姿を垣間見た。[2]

制作の舞台裏

ルーク・スカイウォーカーのジェダイ・テンプルは、2015年公開の映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』のフォース・ヴィジョンのシーンにおいて、焼け落ちる廃墟として一瞬だけ登場している。映画だけではこの建物が何であるか判別がつかないが、公式スクリーンプレイや小説版で寺院であることが明かされた。ちなみにスター・ウォーズ レジェンズの設定では、ルークがニュー・ジェダイ・オーダーを設立した場所はヤヴィン4ジェダイ・プラキシウムである。

登場エピソード

Flames of the Past WotF

焼け落ちるジェダイ・テンプル

参考資料

脚注

  1. 28 ABYを描く『ブラッドライン』の時点でルーク・スカイウォーカーは既に新世代の育成を開始しており、『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』が34 ABYの出来事であるため、ジェダイ・テンプルが破壊されたのはその間ということになる。
  2. 2.0 2.1 2.2 スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒
  3. スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ビジュアル・ディクショナリー
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。