Fandom


「新しいライトセイバーを作ったようだな。見事な出来栄えだ。皇帝が予見したとおり、確かにおまえは強くなった」
ダース・ヴェイダー[出典]

ルーク・スカイウォーカーの緑色のライトセーバー(Luke Skywalker's green lightsaber)はジェダイ・ナイトルーク・スカイウォーカーが、それまで使っていたライトセーバークラウド・シティの対決で失った後に制作した、新しい武器である。ルークはこのライトセーバーを使ってシスの暗黒卿ダース・ヴェイダー第2デス・スターで対決し、勝利を収めた。皇帝シーヴ・パルパティーンからヴェイダーにとどめを刺すよう迫られた際、ルークはこのライトセーバーを投げ捨て、フォースのダークサイドへの誘惑を拒絶した。しかしルークはデス・スターを去る前にライトセーバーを回収し、銀河内戦のその後の任務や、ジェダイ・マスターとなった後もこの武器を使い続けた。

特徴

「ジェダイの武器だな。父親のとよく似ておる」
―シーヴ・パルパティーン[出典]
Luke's TLJ lightsaber

ルークのライトセーバー

ルーク・スカイウォーカーにとって2本目となるこのライトセーバーは、それまで使っていた父アナキン・スカイウォーカーライトセーバーに代わる新たな武器として制作された。[2] このライトセーバーは緑色のプラズマの刃を放出する[5] カイバー・クリスタルを内蔵していた。[4]ヒルト(柄)は、ルークの師匠であるジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービ3本目のライトセーバーの影響で[2]、うねのあるハンドグリップと細いネック部分を特徴としていたが[3]、デザイン要素の一部は簡略化された。[2]

このライトセーバーの長さは28センチメートル(11.02インチ)、横幅は5センチメートル(1.96インチ)であり、素材は合金と廃品回収品の物質でできていた。この武器はオビ=ワンのセーバーから強い影響を受けつつも、循環フィールド・エナジャイザーのリングを加えることで、より強力でかつ安定性のあるブレードを実現していた。[3] また銀河皇帝シーヴ・パルパティーンはこのライトセーバーを見て、アナキン・スカイウォーカーのものとよく似ている、とコメントした。[1]

歴史

制作

銀河内戦

制作の舞台裏

スター・ウォーズ ライトセーバー:フォースの武器の手引き』では、ルークの緑色のライトセーバーがオビ=ワン・ケノービの2本目のライトセーバーから影響を受けていると解説されているが、3本目の誤りである。

登場エピソード

Luke skywalers lightsaber kyber crystal

底部の内部構造

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。