Fandom


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「私たちの側につけば、独立星系連合の領域でビジネスを続けることができる――ファリーンやルーサンを経由して、タイオン宙域までだ」
ウィルハフ・ターキン総督に対し、ドゥークー伯爵[出典]

ルーサン(Ruusan)は銀河系ミッド・リム領域、ルーサン星系に属す惑星である。ルーサン2を含む3つの衛星を持っていた。分離主義危機の時代から、ルーサンはドゥークー伯爵率いる独立星系連合に属していた。クローン戦争中、連合軍はルーサン2に情報収集拠点スカイトップ・ステーションを設け、銀河共和国の通信を傍受していた。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。