Fandom


Tarsus Valorum-TEA

ルーサンの改革を行ったターサス・ヴァローラム最高議長

「共和国の分裂を防ぐために思いきった手を打つ必要がある。そう判断したターサス・ヴァローラム元老院議長は、銀河市民が知っていた共和国はすでに存在しないと宣言し、ルーサンの改革へといたる新たな時代の先導役を務めた」
ヴォレン・ナルの歴史書より[出典]

ルーサンの改革[1]ルーサン改革[2](Ruusan Reformation)は、新シス戦争が終結した後に銀河共和国が行った改革である。ターサス・ヴァローラム最高議長が推し進めた。この改革によって議長の政治権力が縮小され、星系宙域により大きな権限が与えられたことで、銀河元老院の権力がかつてないほど増大した。また、共和国の常備軍が解体された他、ジェダイ・オーダーは司法の一部門として元老院の下に置かれることになった。

参考資料

脚注

  1. 訳語は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
  2. 訳語は『スター・ウォーズ シスの書 DXエディション』に基づく。
ジェダイ・オーダーの歴史
第一の大分裂 · 反抗 · 百年の闇
ハイパースペース大戦 · シス大戦 · マンダロリアン戦争
ジェダイ内戦 · 第一次ジェダイの粛清 · 大銀河戦争
冷戦 · 銀河戦争 · 新シス戦争
共和国の暗黒時代 · ルーサンの改革
ジェダイの大粛清 · ニュー・ジェダイ・オーダー
ユージャン・ヴォング戦争 · シスの失われた部族
シス=帝国戦争 · 第二次帝国内戦/第三次ジェダイの粛清
[edit]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。