Fandom


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
「カーンの第三の、そして最後の過ちは、ルーサンで起こった」
ダース・ベイン[出典]

ルーサン[1](Ruusan)はミッド・リムホス・ブランド星系に属す惑星である。バウンサールーサニアンと呼ばれる種族故郷だった。新シス戦争の最後の決戦、ルーサンの戦いの戦場になったことで知られる。スケア・カーン率いるブラザーフッド・オブ・ダークネスはこの戦いで壊滅したが、ダース・ベインのもとで新たにシス卿のオーダーが誕生した。新シス戦争終結後、銀河共和国ルーサンの改革を開始した。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。
他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。