Fandom


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

<ルーシッド・ヴォイス>(Lucid Voice)はクローン戦争独立星系連合が使用したプロヴィデンス級キャリアー/デストロイヤーである。

歴史

クローン戦争中、<ルーシッド・ヴォイス>はクエル星系ライロス星系を始めとする数多くの戦場に赴いた。大戦が終結した後、<ルーシッド・ヴォイス>はビルブリンギ造船所で解体されたが、センサー・タワーの一部はバーチ・テラーが率いる反銀河帝国勢力によって回収された。テラーと彼の仲間たちは、廃品の部品を組み合わせて改造型ドレッドノート艦を完成させた。彼らはこの軍艦を使い、帝国のセンチネル基地攻撃したが、失敗に終わる。しかし、ドレッドノート艦は戦いを生き残り、カリダ攻撃にも使用された。[1]

制作の舞台裏

「センサー・タワーの一部は<ルーシッド・ヴォイス>というクルーザーのものだったようです。クエルやライロスといった惑星での戦闘に使われ、賞金稼ぎにも参加していた船です」
―帝国の技術官のセリフ[出典]

小説『ターキン』の翻訳版で、<ルーシッド・ヴォイス>が「賞金稼ぎにも参加していた」と説明されているが、これは誤訳である。「他にも数多くの星系の戦いに参加していた」等の訳が適切。

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。