Fandom


「もう後戻りはできない」
―レイク・ガーリー[出典]

レイク・ガーリー(Rake Gahree)は人間男性で、惑星モントロススカイストライク・アカデミーで飛行訓練を受けていた帝国軍士官候補生。ガーリーはTIEファイター・パイロット育成施設において最も将来有望な訓練生だったが、銀河帝国を捨てて反乱軍へ離反したいと考えていた。彼は同じ志を持つ士官候補生ウェッジ・アンティリーズデレク・“ホビー”・クリヴィアン、そして反乱軍から派遣されたサビーヌ・レンと一緒にアカデミーからの逃亡を企てたが、事前に反逆行為の情報を掴んでいたアリンダ・プライス総督によって阻止された。プライスは反逆者たちの乗るTIE/ln制宙スターファイターの機能を停止させ、見せしめとしてガーリーの機体を撃墜させた。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。