Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「この任務の指揮官は俺だ。任務の目的を偵察から変更する!」
―エズラ・ブリッジャー[出典]

2 BBY、反乱軍は銀河帝国からYウイング・スターファイター中隊を奪取するため、惑星ヤルマレクレム・ステーション潜入任務を遂行した。少佐に任命されたばかりのエズラ・ブリッジャー反乱者の潜入チームの指揮を執った。彼らはこの任務でスターファイターファントム>を失ったが、奴隷として働かされていたアグノートの労働者たちを解放し、彼らの助けを借りてYウイングを持ち出すことに成功する。ヤルマ上空のインペリアル級スター・デストロイヤーに乗り込んでいたアリンダ・プライス総督は、スローン大提督からの指示に従い、反乱者たちが逃げ出すのをあえて見逃した。スローンは反乱分子相手に小規模な勝利を収めるより、反乱軍全体を一挙に滅ぼそうと考えていたのである。

背景

「情報ってのは、惑星ヤルマのことだ。厚い雲の下に秘密のステーションが隠れている。帝国の廃船処理場でな。共和国のスターファイターが何千とスクラップにされてんだよ」
―ホンドー・オナカー[出典]
Reclem station hologram

作戦会議

帝国時代銀河帝国惑星ヤルマレクレム・ステーションと呼ばれる廃棄物処理プラントを運営していた。惑星のガス雲に浮かぶこの施設では、アグノート種族の労働者たちが奴隷として酷使され、旧銀河共和国軍のBTL-A4 Yウイング強襲用スターファイター/ボマーの解体作業が進められていた。ヤヴィンの戦いの2前、ターバという名の奴隷労働者がレクレム・ステーションからの逃亡を図ったが失敗し、惑星ナラカにある帝国刑務所に収監された。ターバは刑務所の中でウィークウェイ海賊ホンドー・オナカーと親しくなった。

ホンドーは反乱者ジェダイパダワンエズラ・ブリッジャーに連絡を取り、自分を解放すれば反乱軍にとって有益な情報を教えると持ちかけた。エズラは反乱者チームを率いてナラカ刑務所に潜入し、ホンドーとターバを解放した。ターバは脱獄中に命を落としたが、ホンドーは反乱者たちと共に逃げ切り、見返りとしてレクレム・ステーションの情報を提供した。エズラの属すフェニックス戦隊はホンドーと取り引きし、レクレム・ステーションにおける任務が成功したあかつきにはハイパースペース航行が可能な密輸スターシップとクルーを提供すると約束した。

任務

潜入

「ステーションへ行くぞ。これは命令だ!」
―エズラ・ブリッジャー[出典]
Reklam Y-wings

Yウイング解体現場

フェニックス艦隊を率いるコマンダージュン・サトーは、ナラカにおける活躍を認めてエズラを少佐に抜擢し、レクレム・ステーションの任務のリーダーに任命した。チームのメンバーとしてマンダロリアンの武器専門家サビーヌ・レンラサットの戦士ガラゼブ・オレリオスアストロメク・ドロイドチョッパークローン・キャプテンレックス、情報提供者であるホンドーがエズラに同伴し、補助スターファイターファントム>に乗ってヤルマへ発った。1回のジャンプでヤルマに飛ぶことはできなかったため、彼らはマイニング・ギルドの領域内にあるセリーダ中継点で一度ハイパースペースを脱した。

しかし反乱者たちはここでマイニング・ギルドのパトロール部隊と出くわしてしまう。サビーヌの操縦する<ファントム>はマイニング・ギルドTIEファイターを2機撃墜し、YV-865オーロラ級貨物船の追跡を振り切って再びハイパースペースへ飛び込んだ(エズラは目撃者を1人残らず始末しておくべきだと主張したが、仲間たちに説得されて本来の任務を優先した)。反乱者たちはヤルマに到着し、惑星を包む黄色のガスの中でレクレム・ステーションを発見したが、周辺空域を漂う帝国の解体ドロイドに見つかってしまった。ステーションの指揮官を務めるブロム・タイタス中佐はさらに2体の解体ドロイドを追撃に派遣し、侵入者の撃退を試みた(タイタスはかつて反乱者たちと戦ったことがあり、その時インペリアル・インターディクターを失った罰として廃棄物処理場の管理人に降格されていた)。

チョッパーは<ファントム>の背面レーザー砲塔で解体ドロイドを1体撃ち落としたが、別の1体が機体の後部にしがみついた。キャプテン・レックスはドロイドを直接銃撃するため後部ハッチを開き、もみ合いの最中に危うく落下しかけたがゼブによって救われた。レックスがブラスター・ピストルでドロイドを倒した後、<ファントム>はガス雲の中へ落下したが、雷雲を通過したことで幸運にも帝国のスキャナーから逃れることができた。<ファントム>はサビーヌの操縦でなんとか制御を取り戻し、レクレム・ステーションの廃棄物処理プラットフォームにドッキングした。

強奪

「どうやらブリッジャー君の偵察任務は、ファイター回収作業に代わったようだな」
「コマンダー、援軍を出動させないと」
コマンダージュン・サトーヘラ・シンドゥーラ[出典]
Rebels on Reklam Station

反乱者チーム

<ファントム>を駐機させ、廃棄物処理場に潜入した反乱者チームは、アグノートの労働者メルチたちと遭遇した。アグノート語を放せるホンドーが労働者たちと交渉し、反乱軍の任務を手伝えば帝国から自由の身にしてやると申し出た。アグノートたちは取り引きに応じ、Yウイング・スターファイターを溶鉱炉へと運ぶベルト・コンベアーを停止させる。しかし、Yウイングをステーションから持ち出すには機体に燃料を補給する必要があった。燃料充填中、彼らは新しい解体ドロイドに見つかり、タイタス中佐に作戦を知られてしまう。

タイタス中佐は廃品処理場の磁気ロックを起動してYウイングを固定し、ストームトルーパー分隊に出動を命じた。エズラは処理場の全システムが司令センターによってストップされたことを知り、ゼブとサビーヌにYウイングの燃料補給を任せ、レックスと共にレクレム・ステーションの内部へ向かった。しかし解体ドロイドが現れたためレックスも急きょコンベアで戦うことになり、エズラは単独で施設の内部へ突入した。解体ドロイドはYウイングを持ち上げてサビーヌとゼブをガス雲の底へ振り落とそうとしたが、レックスは解体現場のクレーンを使って怪力のドロイドを倒した。

一方、エズラはライトセーバーフォースを駆使してストームトルーパー部隊を全滅させた。コマンダー・サトーやヘラ・シンドゥーラから連絡を受けたエズラは“偵察任務”が順調に進んでいると嘘をついたが、司令官たちは“救出作戦”が必要なようだと判断し、ヤルマにバトル・クルーザーを派遣することに決めた。一方のエズラは司令センターへ攻め入り、タイタス中佐の部下たちを倒した。因縁の反乱者と再会したタイタスは、Yウイングの磁気ロックを解除したければレクレム・ステーション全体のパワーをダウンさせる以外に方法は無く、そんなことをすれば敵も味方も全員道連れになるだろうと勝ち誇った。

しかし、エズラはためらうことなくパワー・ユニットを破壊した。Yウイングのロックは外れたが、レクレム・ステーションの反重力装置もダウンしたため、施設全体が崩れ始めた。その頃、ホンドーはアグノートの労働者たちと一緒に盗んだ帝国軍着陸船で逃げ出し、反乱者たちとの約束通り船とクルーを手に入れた。他の反乱者たちはYウイングに乗り込み、チョッパーが中継ナビゲーション・システムを使って全機体を遠隔操作で操縦した。しかし帝国によってハイパードライブが取り外されていたため、Yウイングはハイパースペースにジャンプすることができなかった。

脱出

「大提督が予想された通りになりました。クルーザー3隻から成る反乱組織の艦隊が援軍に現れました」
「そんなもの艦隊ではない。攻撃を中止して逃がせ。古い爆撃機などくれてやるがいい」
―アリンダ・プライス総督とスローン大提督[出典]
Thrawn ponders

帝国軍の活動を監督するスローン大提督

反乱軍の潜入を知った帝国のアリンダ・プライス総督カシウス・コンスタンチン提督エージェントアレクサンドル・カラスは、インペリアル級スター・デストロイヤーに乗ってヤルマに駆け付けたが、レクレム・ステーションを救うには既に遅すぎた。プライス総督のスター・デストロイヤーはYウイングの逃亡を阻止すべくTIE/ln制宙スターファイター部隊をヤルマ上空に展開する。一方、ステーションではタイタス中佐がスタッフに撤退命令を出し、リパルサーリフトを失って墜落し始めたステーションから逃げ出した。エズラもプラットフォームに駐機したままの<ファントム>へと急いだが、反乱者のスターファイターは廃棄物処理場の崩壊に巻き込まれ、ヤルマのガス雲の中へ墜落していった。

ステーションもろとも落下していく途中で、エズラは師匠であるケイナン・ジャラスに助けを求めた。するとその直後、ケイナンとヘラがフェニックス艦隊を率いてヤルマに駆け付け、Yウイングをクエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアーフェニックス・ネスト>に収容した。ケイナンとヘラの乗る軽貨物船ゴースト>はヤルマの大気圏内に突入し、エズラをガス層の中から救出した。

プライス総督から連絡を受けたスローン大提督は、帝国軍が優位を保っていたにも関わらず、あえて反乱軍の逃亡を見逃すよう指示した。プライスたちから戦況を聞いたスローンは、ヤルマに派遣された反乱分子が反乱軍艦隊の一部に過ぎないと気づいたのである。戦略家であるスローンは1つの反乱分子を撲滅するよりも、彼らの全艦隊を一挙に滅ぼしたいと考えていた。その結果、エズラのチームとフェニックス艦隊は無事にハイパースペースに逃げ込むことができた。

その後

「爆撃機はすべて、ドドンナ将軍に引き渡すことになる。反乱組織の一翼を担う人よ。組織は大きくなっている」
―ヘラ・シンドゥーラ[出典]

フェニックス戦隊はレクレム・ステーションの任務でアグノートの奴隷を解放し、5機のYウイング・スターファイターを獲得した。このYウイングは拡大しつつある反乱軍の戦力に加わり、ジャン・ドドンナ将軍の部隊へ回された。また、命令違反によってチームを危険にさらし、<ファントム>を失ってしまったエズラは、ヘラによって少佐の職務を解かれた。

登場エピソード

参考資料

初期反乱運動
銀河系のタイムライン

前:クローン戦争

同時期:ジェダイの粛清 · ジェダの反乱 · マンダロリアン内戦 · ライロスの反乱

次:銀河内戦

銀河帝国に対する初期反乱運動の戦い
18 BBY ラーダ
5 BBY 帝国尋問ドロイド破壊任務 · 帝国補給船団の襲撃 · ロザル飛行場
キャピタル・シティ · ケッセル · ガレル・シティ宇宙港 · コザル
スティジョン・プライム · ロザル・アカデミー · 輸送船団
4 BBY カラー · ラーン · シーボ · 旧共和国元老院ビル · ジャラース
帝国通信センター · ムスタファー · シールド発生装置強奪任務
ロザル包囲戦 ロザルの任務 · フェニックス戦隊 (I) · シーロス
アブサンズ · アイバー · スラッド · ガレル(I) · インターディクター
3 BBY フェニックス戦隊(II) · インヴァー · ガレル(II) · ロザル補給基地
コンコード・ドーン(I) (II) · リラ・サン · ガス精製所
ライロス(I) · 帝国建造モジュール · フェニックス戦隊(III)
2 BBY ナラカ · ヤルマ · テラロフ · モントロス · ライロス(II) · アガマー
コンコード・ドーン(III) · マイカポ · ロザル(II) · ジオノーシス · チョッパー基地
クローネスト · キメラ · アーキオン星雲 · キルン・ステーション · アトロン
1 BBY マンダロア · ジェリンディ · フェイオス・ステーション · ロザル(III) (IV) (V)
ロザル・ジェダイ・テンプル · ロザル(VI)
0 BBY ウォバニ · カフリーンの環 · フラクチャー作戦 (ジェダ(I) (II) · イードゥー)
関連記事
銀河帝国 · ジェダイ · 反乱同盟 · シス
  [Source]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。