Fandom


Resistance pilots

レジスタンスのパイロットたち

「俺は最高だ。もちろんあんたも最高だ。俺達はみんなそうさ。ファースト・オーダーに、一対一で俺達に勝てるパイロットはいない」
エルゥロ・ランパーに対し、ポー・ダメロン[出典]

レジスタンス・パイロット(Resistance pilot)はレジスタンススターファイター隊を構成するパイロットである。RZ-1およびRZ-2 Aウイング・スターファイターT-70 Xウイング・スターファイターレジスタンス・トランスポート等に乗り込み、ファースト・オーダーとの紛争に参加した。レジスタンスのパイロットの中には、ポー・ダメロンイオロ・アラーナのように新共和国防衛軍からの離反者もいた。

概要

レジスタンススターファイター隊は、ファースト・オーダーの脅威に立ち向かう覚悟を決めた自由の戦士たちによって構成されていた。彼らは反乱同盟の後継者とも言うべき存在であり、同盟軍出身のベテラン・パイロットや、新共和国から離反してきた将校、そして冒険を求めて銀河系の隅々から集まってきた者たちが参加していた。[1]

レジスタンスのスターファイター隊はパイロットの数が少なく、ポー・ダメロンのような新入りがすぐに中佐まで昇進できる環境ではあったが[2]、宇宙船よりもパイロットの数のほうが多い点は同盟軍スターファイター隊と同じであり、しばしば戦闘機が割り当てられるのを「スタンバイ」モードで待機する者がいた。[3]

訓練

レジスタンスは過去に敬意を評して、演習訓練で使われる特定の攻撃および回避飛行に、スカイウォーカー・スウープアンティリーズ・インターセプトポーキンス・ベリー・ランといったように、銀河内戦の英雄にちなんだ名前をつけていた。彼らはこうした技術を訓練の基本として学んだ。[2]

装備

レジスタンスのパイロットは一般的に、「インターステラー・オレンジ」フライト・スーツと、白いインフレータブル・フライト・ベストを身に着け、胸にフレイテック社製の生命維持ユニット、脚に照明弾が入った弾帯を装着していた。また彼らはグイデンハウザー社製のフライト・ハーネス、パッドが入ったフライト・ガントレット、それぞれ異なる装飾が施された断熱フライト・ヘルメットを装備し、取り外し可能なホルスターベルトに下げている者もいた。[2]

主な部隊

登場エピソード

参考資料

脚注

関連項目

レジスタンス
主な人物 レイア・オーガナ将軍 - アミリン・ホルド - エロー・アスティ - カルアン・イーマット - ギアル・アクバー - ケイデル・コー・コニックス - コー・セラ - ジェシカ・パヴァ - スタトゥラ - タスリン・ブランス - テミン・ウェクスリー - ナイン・ナン - ペイジ・ティコ - ハーター・カロニア - ポー・ダメロン - ローズ・ティコ
組織 最高司令部 - レジスタンス情報部 - ドロイド・スパイ網 - 地上兵站部門 - 地上クルー - 技術者
軍隊 宇宙軍艦隊司令部 - スターファイター隊 - レジスタンス・パイロット - クリムゾン中隊 - コバルト中隊 - ブラック中隊 - ブルー中隊 - レッド中隊
地上軍レジスタンス・トルーパー - “レブ”中隊
主な乗り物 MG-100スターフォートレス - MC85スター・クルーザー - RZ-2 Aウイング - T-70 Xウイング - V-4X-Dスキー・スピーダー - ネビュロンC - ヴァクビオア級貨物フリゲート - バンカー・バスター - レジスタンス・トランスポート
活動拠点 ディカー (レジスタンス基地) - <ラダス> - クレイト (クレイト前哨基地)
その他 冷戦 - ファースト・オーダー=レジスタンス戦争
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。