Fandom


「こちらは共和国艦隊のポー・ダメロン中佐。ハグズ将軍に緊急声明あり」
「繋げ。こちらはファースト・オーダーのハックス将軍。共和国はもはや存在しない。おまえたち、反乱者のクズどもは戦争犯罪人だ」
ポー・ダメロンアーミテイジ・ハックス将軍[出典]

レジスタンス宇宙軍(Resistance navy)、レジスタンス艦隊(Resistance fleet)はレジスタンス軍隊宇宙部隊である。冷戦や、ファースト・オーダーとの戦争で活躍した。旧同盟軍の古参兵や、独立した惑星防衛軍出身の軍人、新共和国軍からの転向者たちによって率いられたレジスタンス艦隊は、新旧さまざまなスターシップによって構成されていた。34 ABY、レジスタンス艦隊に属すスターファイター隊タコダナの戦いスターキラー基地の戦いで大きな戦果を挙げたが、ディカー撤退戦の後、艦隊はファースト・オーダーの攻撃旗艦ラダス>をはじめとする主力艦を失い、大打撃を被った。

歴史

冷戦

レイア・オーガナ将軍によって組織されたレジスタンス宇宙軍には、かつて反乱同盟で戦ったベテランの将校や、新共和国防衛艦隊からの離反者、惑星防衛軍から徴募された若きパイロットなど、さまざまな世代が参加していた。[1] 彼らは新共和国元老院から公式に認められた存在ではなかったため、ファースト・オーダーによる明確な侵略行為が発生しないかぎり、レジスタンスは元老院に隠れて行動しなければならなかった。[6]

33 ABY、レイアが自ら勧誘に出向き、新共和国防衛艦隊のポー・ダメロン中佐レーピア中隊の隊員がレジスタンスのスターファイター隊に離反した。この年、ダメロンたちは“サーベルの一撃作戦”を実行し、ファースト・オーダーの協力者であるエルード・ロー=キンター元老院議員スターシップヘヴリオン・グレース>を拿捕することに成功した。この船から手に入れた情報をもとに、レジスタンスはロア・サン・テッカ捜索に乗り出した。[6]

ファースト・オーダーとの戦争

スターキラー基地の戦い

「共和国艦隊もいないし、お終いだ」
C-3PO[出典]
X-Wings Starkiller Divebomb

サーマル・オシレーターを攻撃するXウイング

34 ABY、新共和国の首都惑星ホズニアン・プライムがファースト・オーダーの超兵器スターキラー基地によって破壊された。[4] 新共和国の本国艦隊は銀河元老院もろとも滅ぼされ、ファースト・オーダーに立ち向かうことができる勢力は、事実上レジスタンスのみとなった。[7] この事件の直後、T-70 Xウイング・スターファイターによって構成されるレジスタンス・ブルー中隊が惑星タコダナに駆けつけ、ファースト・オーダーの侵略部隊と交戦した。短い戦闘の末、ファースト・オーダーはタコダナから撤退し、レジスタンスはルーク・スカイウォーカー地図を持つアストロメク・ドロイドBB-8を無事にディカーレジスタンス基地に連れ帰ることができた。[4]

その後、レジスタンスはファースト・オーダーからの離反者フィンが提供した情報と、テミン・ウェクスリー大尉が偵察で手に入れたデータをもとに、スターキラー基地の攻撃作戦を立てた。ハン・ソロチューバッカ、フィンが<ミレニアム・ファルコン>でスターキラー基地に侵入し、惑星シールドを解除すると、ブラック・リーダー・ポー・ダメロン率いるブルー中隊およびレッド中隊が攻撃を開始した。レジスタンスは基地の弱点であるサーマル・オシレーターを外から爆撃したが効果は見られず、スターキラー空中防衛部隊や固定砲台の抵抗で多数のXウイングが撃墜された。しかしチューバッカがパイロ・デントン爆弾を使って施設に亀裂を作ってくれたおかげで、ダメロンの<ブラック・ワン>が内部構造に突入し、オシレーターに致命的な打撃を与えることに成功した。スターキラー基地は爆発して小新星となり、戦いを生き残ったXウイングは<ファルコン>と一緒にディカーへ帰還した。[4]

ディカー撤退戦

「あれは艦隊の脅威です! 逃すわけにはいきません!」
―<フルミナトリックス>について、ポー・ダメロン[出典]
Last-jedi-databank-raddus-main-image 73540454

ディカー撤退

スターキラー基地における勝利の後、レイア・オーガナの旗艦であるMC85スター・クルーザーラダス>、フリー・ヴァージリア級バンカーバスターニンカ>、ネビュロンCエスコート・フリゲートアノダイン>、そしてヴァクビオア級貨物フリゲートヴィジル>がディカー上空に駆けつけ、レジスタンス基地の人員の移送が始まった。撤退活動が終わりかけていた時、アーミテイジ・ハックス将軍率いるファースト・オーダー宇宙軍イリーニウム星系に出現し、レジスタンスは時間稼ぎを迫られる。ダメロン中佐はハックス将軍との会話を引き伸ばしながら<ブラック・ワン>でマンデイターIV級シージ・ドレッドノートフルミナトリックス>に接近し、この巨大軍艦局所防衛砲台を単機ですべて破壊した。[2]

ダメロンの指示の下、爆撃機MG-100スターフォートレスSF-17からなるクリムゾンおよびコバルト中隊が<フルミナトリックス>を破壊するために出撃し、T-70 XウイングやRZ-2 Aウイング・インターセプターに護衛されながら目標へ接近した。レジスタンス基地は<フルミナトリックス>の軌道爆撃で破壊されたものの、レジスタンスは間一髪で撤退を完了していた。ダメロンはレイアの制止を聞かずに<フルミナトリックス>への攻撃を続行し、MG-100スターフォートレスをすべて失うという多大な犠牲を払いつつも、このドレッドノートを沈めることに成功した。その後、レジスタンス艦隊は戦闘機を収容し、ただちにハイパースペースへジャンプした。[2]

亜光速での逃亡

組織

司令部

Ackbar on the Raddus

<ラダス>の指揮を執るアクバー提督

レジスタンス宇宙軍は最高司令部の指揮下にあり、独自の艦隊司令部を持っていた。司令部のメンバーは、ギアル・アクバー提督をはじめとする旧同盟軍のベテランや、マイカポ星系惑星防衛軍出身のイドローゼン・ガワット大尉のような独立防衛軍の指導者、新共和国から転向してきた兵士など、レイア・オーガナ将軍と個人的なつながりを持つ者だけで形成されていた。また司令系統も、反乱同盟時代に学んだ教訓を生かして、極めて柔軟にできていた。レイア・オーガナ将軍とアクバー提督がともに旗艦の<ラダス>で指揮を執る際には、レイアがレジスタンス全体の最高司令官、アクバーが<ラダス>の指揮官および艦隊全体の司令官を務めた。[3] 34 ABYに<ラダス>のブリッジがファースト・オーダーの直接攻撃を受けた時、それまでの司令部メンバーはレイアを除いてほぼ全滅した。[2]

人員

レジスタンスは人手不足だったため、宇宙軍の主力艦も、通常は最小限の乗組員だけで操業されていた。ディカー撤退時、主力艦に収容されたレジスタンス基地の人員は、通信技術者が撤退用シャトルのパイロット、医療スタッフが整備士、火器責任者が砲手とった具合に、必要に応じてそれまでと異なる新たな役割を担うことになった。この時ばかりは、基地の人員を収容したため、主力艦の乗組員は最小限必要な数を超えることになった。[3]

階級

レジスタンス宇宙軍には提督[1] 中将[3]少将[4]大佐中佐少佐大尉中尉などの階級が存在した。レジスタンス地上軍が赤い階級バッジを使うのに対し、宇宙軍のメンバーは青いバッジを着用した。[1] もともと新共和国防衛艦隊の中佐だったポー・ダメロンは、レジスタンスに加わった際にその階級を引き継いだ。[6] ディカー撤退時、命令違反を起こしたダメロンは、レイア・オーガナ将軍によって中佐から大尉に降格させられた。[2]

レジスタンス宇宙軍の艦船

主力艦

The Raddus SWCT

MC85スター・クルーザー<ラダス>

小型艦船

輸送船

スターファイター

Resistance X-wing SWCT

T-70 Xウイング

登場エピソード

参考資料

脚注

レジスタンス
主な人物 レイア・オーガナ将軍 - アミリン・ホルド - エロー・アスティ - カルアン・イーマット - ギアル・アクバー - ケイデル・コー・コニックス - コー・セラ - ジェシカ・パヴァ - スタトゥラ - タスリン・ブランス - テミン・ウェクスリー - ナイン・ナン - ペイジ・ティコ - ハーター・カロニア - ポー・ダメロン - ローズ・ティコ
組織 最高司令部 - レジスタンス情報部 - ドロイド・スパイ網 - 地上兵站部門 - 地上クルー - 技術者
軍隊 宇宙軍艦隊司令部 - スターファイター隊 - レジスタンス・パイロット - クリムゾン中隊 - コバルト中隊 - ブラック中隊 - ブルー中隊 - レッド中隊
地上軍レジスタンス・トルーパー - “レブ”中隊
主な乗り物 MG-100スターフォートレス - MC85スター・クルーザー - RZ-2 Aウイング - T-70 Xウイング - U-55ロードリフター - スキー・スピーダー - ネビュロンC - ヴァクビオア級貨物フリゲート - バンカー・バスター - レジスタンス・トランスポート
活動拠点 ディカー (レジスタンス基地) - <ラダス> - クレイト (クレイト前哨基地) - アノート (レジスタンス野営地) - エイジャン・クロス (レジスタンス基地)
その他 冷戦 - ファースト・オーダー=レジスタンス戦争
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。