Fandom


レッド・キー・レイダース(Red Key Raiders)はエンドアの戦い以降に活動した犯罪シンジケートである。ウィークウェイの悪党ローガン・ムーヴェランによって率いられ、犯罪王ジャバ・ザ・ハット亡き後に空白となった権力の座を狙って台頭した。彼らはアウター・リム・テリトリー惑星タトゥイーンで“採掘会社”を立ち上げ、表向きはレッド・キー・カンパニー(Red Key Company)を名乗った。しかし彼らはこの砂漠の星でフリータウン保安官市長を務めるコブ・ヴァンスと対立することになる。その後レッド・キーはブラック・サンと共謀して新共和国元老院議員5名を収賄・恐喝し、モン・モスマ議長によるジャクー派兵決議に反対させ、銀河内戦を長引かせようとした。この陰謀はハン・ソロや元忠誠軍将校シンジャー・ラス・ヴェラスらのチームによって挫かれた。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。