Fandom


「あんなのに支配された銀河なんかで子供を育てられるもんですか。他のことはどうでもいい。あなたは?」
ステルに対し、レブ[出典]

レブ(Rebb)は人間女性で、ステルのパートナー。銀河帝国の圧政を目の当たりにしたレブとステルは、こんな社会で子どもを産んで育てることなどできないと考え、オーダー66を生き延びたジェダイパダワンフェレン・バー信奉者に加わった。18 BBY、バーのグループが惑星モン・カラ尋問官に追い詰められた時、レブとステルは逃げる仲間たちのために自ら時間稼ぎの待ち伏せを申し出た。[1]

制作の舞台裏

レブは2018年に発売された正史コミックスター・ウォーズ:シスの暗黒卿 燃える海原』(チャールズ・ソウル作、ジュゼッペ・カムンコリ画)で初登場を果たした。本作の翻訳版単行本は、シリーズ前編との合本で、2019年ヴィレッジブックスから『スター・ウォーズ:シスの暗黒卿 潰えた遺産/燃える海原』というタイトルで発売された。本作では、信奉者たちが死ぬ際にそれぞれの回想場面が挿入される構成となっており、レブとステルは死に様が直接は描かれていないものの、戦いに臨むシーンの後に回想場面が挿入されている。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。