Fandom


「母なる海のご加護が永久にありますように」
―レンケ[出典]

ブラザー・レンケ(Lemcke)はクローン戦争期に惑星モン・カラに住んでいたモン・カラマリ種族男性。レンケはモン・カラマリの王室に仕え、王位継承式の進行役を務めた。

経歴

モン・カラマリ種族のレンケは、クローン戦争以前に海洋惑星モン・カラに生まれた。彼はモン・カラを支配する王室に仕え、公式行事で進行役を務める重要な立場にあった。

クローン戦争中、モン・カラマリは独立星系連合と手を結んだクオレン種族と対立した。モン・カラマリのヨス・コリーナが暗殺された後、モン・カラマリ・シティで議会が招集され、両種族が激論を交わした。レンケもギアル・アクバー大佐リー=チャー王子と共にこの会議に参加し、クオレン孤立主義同盟ノーソア・ライによる独立宣言に立ち会った。

クオレンの独立は内戦に発展したが、コリーナを殺した犯人が独立星系連合のリフ・タムソン司令官だったことが発覚し、モン・カラマリとクオレンは分離主義勢力を追い出すため再び手を取り合った。戦いが終わった後、レンケはリー=チャーの王位継承式に参加し、彼を正式な新指導者に任命した。

登場エピソード

参考資料

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。