Wookieepedia
Advertisement
Blue-question-mark.png

この記事のタイトルは正式名称ではありません。

正式名称が不明のため、記事名に仮のタイトルが使われています。

帝国時代密輸業者ハン・ソロチューバッカベランという名の女性に雇われ、惑星レンデル任務に旅立った。ベランはトゥーカを模した像をレンデルの芸術品収集家に届けてほしいとソロに頼み、報酬として100万クレジットを提示した。しかしベランの正体はレンデルの元女王であり、彼女の本当の目的は、自分を惑星から追い出した“エメラルド魔女ザラへの復讐だった。レンデルに到着したソロは、ザラが操るイバラのに囚われたパイロットカラムを発見した。ソロもザラに捕まり、彼女のパワーで老化が加速したが、チューバッカの助けでイバラから解放された。ソロが石像をザラに投げつけると、中に含まれていた成分が霧散し、レンデルの植物が滅び始めた。ソロとチューバッカ、カラムは悲嘆に暮れるザラを残して<ミレニアム・ファルコン>で脱出した。彼らは老化が解けて元の姿に戻ったが、約束の報酬を手に入れることはなかった。一方、ザラは植物と共に滅び、ベランの復讐は達成された。[1]

登場作品

脚注

他言語版
Advertisement