Fandom


ログレイ(Logray)はイウォーク男性で、帝国時代衛星エンドアブライト・ツリー村に住んでいたシャーマン(祈祷師)。エンドアの森の精霊と調和するため、部族のために儀式を執り行った。ログレイはチュリ鳥の頭蓋骨から作った大きな頭飾りをかぶっていた。

経歴

Logray Chirpa

ログレイとチャーパ村長

銀河内戦の時代、ログレイはエンドアブライト・ツリー村で部族のシャーマンを務めていた。4 ABY反乱同盟軍ルーク・スカイウォーカーハン・ソロチューバッカドロイドR2-D2C-3POがイウォークの狩猟用の罠にかかり、ブライト・ツリー村の住民に捕らえられた。イウォークたちはC-3POを伝説の様と信じ込み、他の捕虜と一緒に村へ運び込んだ。ログレイは「黄金の神」のために他の囚人を生贄にするよう村人に命じたが、突然C-3POが空中に浮遊し、自分の仲間を解放するよう命じた。ジェダイのスカイウォーカーがフォースを使ってC-3POを浮かせているとは知らず、神の“魔法”に畏怖したイウォークたちはすぐに反乱軍の兵士たちを解放した。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。