Fandom


ロザル・アストロメク・ドロイド(Lothal astromech droid)はロザル・ロジスティクス社が製造したアストロメク・ドロイドである。

特徴

ロザル・ロジスティクス社が製造したロザル・アストロメク・ドロイドは、インダストリアル・オートマトン社製の先進的なアストロメクには劣るが、充分役に立つドロイドとして評価されていた。ボディのほとんどは白く、ドーム状の頭部はインダストリアル・オートマトン社のR3シリーズ・アストロメク・ドロイドのように透明になっており、内部構造が透けて見えた。[1]

歴史

帝国時代惑星ロザルジョーガン・フルーツを売っていたアグノートの商人がロザル・アストロメク・ドロイドR1-D1を所有していた。5 BBYのある日、このドロイドはアグノートに嫌がらせをしていた銀河帝国ストームトルーパーによって蹴飛ばされた。その直後、ラサットガラゼブ・オレリオスがトルーパーたちを倒し、アグノートとR1-D1を救った。[3] また、ロザル・アストロメク・ドロイドは惑星ガレルでも使用されていた。[2]

モン・カラマリ宇宙船エンジニア、クアリーBG-81というロザル・アストロメク・ドロイドを所有していた。BG-81は惑星シャンティポールBウイング・スターファイター試作型の製作を手伝っていた。[4]

知られている個体

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。