Fandom


「ロザルの民を締め上げ、裏切り者の居所を吐かせろ。誰かが知っているはずだ」
―ダース・ヴェイダー[出典]

ロザル包囲戦(Siege of Lothal)はヤヴィンの戦いの4前に発生したできごと。銀河帝国アウター・リム・テリトリー惑星ロザルを封鎖した。ロザルを中心に活動する反乱分子ムスタファー星系における作戦を成功させ、グランドモフウィルハフ・ターキン旗艦ソヴリン>を破壊した事件を受けて実行された。ロザルは帝国のアウター・リム征服計画に欠かせない工業惑星だったため、皇帝ダース・シディアス弟子ダース・ヴェイダーを現地へ派遣した。

帝国軍キャピタル・シティの上空に多数のスター・デストロイヤーを配置してロザルを封鎖し、地元当局に反乱分子やそのシンパを捕まえるよう圧力をかけた。しかし、アリンダ・プライス総督が不在のあいだ惑星の管理を任されていたマーケス・チュア大臣はダース・ヴェイダーやモフ・ターキンの期待に応えることができなかった。処罰を恐れたチュアは反乱分子と接触を取り、自分の亡命を助けてくれれば反乱運動を支持する人びとのリストを提供すると申し出た。<ゴースト>の反乱者たちはチュアを救出するためロザルに戻ることを決意する。彼らはスター・コミューター2000シャトルに乗ってロザルに赴き、大臣を連れ出そうとした。しかし帝国は通信記録からチュアの背信行為に感づいていた。モフ・ターキンに会いに行くことになっていたチュアは、帝国保安局エージェントアレクサンドル・カラスに付き添われて離着陸場へ向かった。反乱者たちが現れた際、チュアの乗り込んだセンチネル級シャトルが帝国によって爆破され、反乱者に大臣暗殺の濡れ衣が着せられた。

帝国は反乱者のテロ行為を受けて徹底的な封鎖を開始し、無許可の宇宙船は惑星からの移動を禁じられた。帝国の罠に嵌まったも同然の反乱者たちは、帝国複合施設に潜入してシャトルを盗む計画を立てた。反乱者は施設に入り込み、軍事仕様のシールド発生装置も手に入れたが、脱出の直前になってダース・ヴェイダーが彼らの前にたちはだかった。ジェダイ・ナイトケイナン・ジャラスパダワンエズラ・ブリッジャーはヴェイダーとライトセーバー対決を繰り広げたが、全く歯が立たなかった。ジャラスはこの敵がシスの暗黒卿であることに気付く。反乱者たちはかろうじてシスの攻撃をかわし、シャトルで脱出したが、この船には追跡装置が取り付けられていた。惑星を立ち去る前、反乱者たちは密輸業者ランド・カルリジアンに連絡を取り、封鎖を破るための助力を求めた。見返りとしてシールド発生装置3基を受け取ることになったカルリジアンは、追跡装置の信号を複製するマスキング・トランスポンダーを提供した。一方、帝国は反乱者の活動に関わった罰として難民たちの村ターキンタウンを焼き討ちした。

反乱者たちはトランスポンダーを利用して封鎖を突破し、反乱ネットワークの艦隊と合流した。ヴェイダーの乗るTIEアドバンストx1は信号を追って合流地点にたどり着き、Aウイング・スターファイターによって構成されるフェニックス中隊と交戦した。ヴェイダーは独力で司令船<フェニックス・ホーム>を沈め、複数の戦闘機を撃墜した。戦闘中、ジャラスとアソーカ・タノフォースを使ってシス卿の正体を探ろうとした。その際、ヴェイダーもまたタノの存在に感づいた。司令船を失った反乱軍が撤退した後、ヴェイダーは自分がジェダイだった頃の弟子アソーカ・タノがまだ生きていたことを皇帝に報告した。

背景

「それこそが問題なのだ。結果を求められている時に、想像力の欠片もない愚かさが」
ダース・ヴェイダー[出典]

ヤヴィンの戦いの数年前、宇宙船ゴースト>に乗る反乱者たちアウター・リム・テリトリー惑星ロザルとその周辺で銀河帝国に対する抵抗運動を起こした。作戦遂行中、反乱者を率いるジェダイ・ナイトケイナン・ジャラス帝国軍に捕えられ、アウター・リムの総督グランドモフウィルハフ・ターキンの囚人となった。ターキン総督と帝国保安局エージェントアレクサンドル・カラスジェダイ・ハンター大尋問官は、銀河系を股にかけて活動する大規模な反乱ネットワークに関する情報を聞き出すためジャラスを訊問した。一方、ジャラスの仲間たち(ヘラ・シンドゥーラ船長パダワンエズラ・ブリッジャーマンダロリアンの爆発物専門家サビーヌ・レンラサットの戦士ガラゼブ・オレリオスアストロメク・ドロイドC1-10P)はリーダーの救出作戦を開始した。ターキンのインペリアルI級スター・デストロイヤーソヴリン>からジャラスを救い出すため、彼らはムスタファー星系へ赴いた。

Rebel fleet Mustafar

ムスタファーから立ち去るフェニックス艦隊

反乱者たちはムスタファーの上空で<ソヴリン>に乗り込み、ブリッジャーがフォースを使って師匠の居場所を突き止めた。独房を抜け出して船に戻る途中、ふたりの前に大尋問官が姿を現し、ライトセーバー対決が始まった。反乱者たちがスター・デストロイヤーからの脱出に手こずっている時、盗んだ帝国軍クルーザーで待機していたC1-10Pは“フルクラム”という暗号名で知られる反乱組織の連絡員に接触した。フルクラムの正体はジェダイ・オーダーを脱退した元パダワン、アソーカ・タノだった。彼女はジャラスの救出に力を貸すことに決め、反乱軍ブロッケード・ランナー艦隊を率いてムスタファーに駆け付けた。ジャラスが大尋問官を破った際、<ソヴリン>の反応炉が破壊され、スター・デストロイヤーはゆっくりと沈み始めた。反乱者たちはTIE/ln制宙スターファイターで<ソヴリン>を離れたが、帝国軍の追撃を受けた。反乱軍艦隊は間一髪のところで反乱者の乗るTIEを救い、ムスタファー星系から脱出した。間もなく<ソヴリン>は完全に破壊されたが、グランドモフ・ターキンは爆発前に艦から退避した。

ムスタファーから脱出した後、これまで反乱ネットワークに関する詳細な情報を与えられていなかった<ゴースト>のクルーは、“フルクラム”の正体や大規模な反乱運動の存在を知った。この事件以降、<ゴースト>のクルーはフェニックス艦隊に加わり、反乱軍の任務をこなすようになった。一方、ムスタファーの事件の噂はロザルにも届き、市民は帝国も完全無欠な存在ではないと考え始めるようになった。惑星に秩序を取り戻すため、皇帝ダース・シディアス弟子ダース・ヴェイダーをロザルへ派遣した。惑星政府のマーケス・チュア大臣は軍事パトロールと検問所を増やして夜間外出禁止令を設けたが、この試みでは帝国の期待に応えることができなかった。ヴェイダーはチュアに、惑星外にいるグランドモフ・ターキンのもとへ出向き、自らの失敗を直接説明するよう命じた。チュアはターキンのもとへ行けば非常に厳しい処罰が待っていると判断し、帝国からの亡命を考え始めた。

Maketh Tua contacts the rebels

反乱者たちに助けを求めるマーケス・チュア

チュアが政府の仕事を投げ出そうとしていることに気付いていたヴェイダーとカラスは、彼女を反乱軍を誘き出すための餌として利用することに決めた。処罰を恐れるチュアは、オールド・ジョーを通じて反乱者と接触をとった。彼女は亡命を手伝えばロザル近隣星系にいる反乱運動支持者のリストや、帝国がロザルにやって来た本当の理由(皇帝が自ら命じた最高機密の作戦)を教えると申し出た。フェニックス戦隊のリーダー、コマンダージュン・サトーの同意のもと、<ゴースト>のクルーは大臣救出のためロザルに戻ることになった。

封鎖

救出失敗

「すべてヴェイダー卿が予測した通りに進んでおります」
「暗殺者である反乱分子が街に潜んだと住民に知らせるのだ。宇宙空港を閉鎖。ロザルから出て行こうとする船はすべて撃墜すると通告せよ」
エージェントアレクサンドル・カラスダース・ヴェイダー[出典]

ムスタファーの事件以来、<ゴースト>のシグナルが帝国にマークされていると判断した反乱者たちは、スター・コミューター2000シャトルに乗って艦隊を離れ、ロザルに向かった。チュア大臣はターキン総督と会うためシャトルに乗り込む予定になっており、反乱者たちは帝国の離着陸場でチュアを連れ出し、スター・コミューターで逃げ去る作戦を立てた。反乱者たちのスター・コミューターはインペリアル級艦による封鎖を問題なく通過した。彼らは自分たちがムスタファーで起こした事件のせいでロザルの警備が厳重になっていることに気付いた。スター・コミューターをキャピタル・シティに着陸させた後、緊急脱出の必要性に備えてオレリオスとC1-10Pがシャトルで待機した。

Imperial shuttle explodes

マーケス・チュアはインペリアル・シャトルの爆発で命を落とした

キャピタル・シティはストームトルーパーのパトロール隊によって警備されていた。ジャラスはストームトルーパーをひとり倒して装甲服を奪い、離着陸ベイの施設の中に入りこんだ。シンドゥーラ、ブリッジャー、レンはベイを見下ろす建物の屋根に登り、チュア大臣を待った。間もなく、チュアはエージェント・カラスに付き添われて到着した。カラスはチュアを安全に送り届けるようヴェイダーから指示を受けていたが、彼がこの場にいること自体が、帝国によるチュア抹殺計画の一環でもあった。反乱者たちが攻撃を開始すると、チュアはインペリアル・シャトルへ走っていった。反乱者たちも後を追ったが、チュアが船内に入った瞬間シャトルが爆発し、周囲の人びとを吹っ飛ばした。スパイ・ドロイドに一連の事件を記録させていたカラスは、反乱者たちが大臣を殺したと主張した(ダース・ヴェイダーは付近の建物からこのできごとを見守っていた)。任務に失敗した反乱者たちはオレリオスを呼び、スター・コミューターに乗って離着陸ベイから逃げ去ろうとした。しかしスター・コミューターはAT-DPウォーカーレーザー砲に撃ち落とされ、街の通りに墜落した。

帝国の計画は予定通り展開され、反乱者たちは都市に釘付けとなった。ヴェイダーはカラスに命じてロザルを封鎖させ、宇宙船の行き来を制限し、無理に立ち去ろうとする船は破壊するよう指示を出した。また帝国はホロネット・ニュースを使ってプロパガンダ放送を行った。ブロードキャスターのアルトン・キャッスルは公益の奉仕者であったチュア大臣が反乱者の手にかかって命を落としたと報じ、犯人を見かけたらすぐに報告するよう呼びかけた。反乱者たちは隠れ家で報道を目にし、帝国が自分たちを孤立させるため世論を動かそうとしていることに気付く。まもなく隠れ家も帝国軍の攻撃に遭い、反乱者たちはサーマル・デトネーターが起動される前に建物から逃げ出した。

反乱者たちはインペリアル・シャトルを盗むためキャピタル・シティにある帝国複合施設に潜り込むことに決めた。彼らは帝国軍が捜索のため街中に散らばったことで、本部は手薄になっているはずだと推測した。ところが、ダース・ヴェイダーは敵が複合施設にやってくることを予期していた。トルーパーの装甲服を身につけたジャラスと帝国アカデミー候補生に扮したブリッジャーは、他のクルーを貨物の箱の中に入れ、堂々と施設に向かった。見張りのトルーパーをマインド・トリックで欺き、無事建物の中に入った反乱者たちは、シャトルがある離着陸ベイへ向かった。

ダース・ヴェイダーとの対決

「ヴェイダー卿、すぐ追跡のファイターを出します」
「その必要は無い、コマンダー。反乱者どもはこの星から逃げられん」
―ストームトルーパー・コマンダーとダース・ヴェイダー[出典]

反乱者たちは何事もなくドックに到着した。シャトルへ向かう途中、サビーヌ・レンは複数のコリコイド49-v99偏向シールド発生装置を発見した。ロザルにやって来る前、反乱者たちは帝国からシールド発生装置を盗もうとして失敗したばかりだった。反乱軍は基地防衛のためシールドを必要としており、彼女たちは逃げるついでにコリコイド49-v99を奪っていくことに決めた。装置を運び込んでいる途中、ジャラスとブリッジャーはフォースで悪寒を感じた。その直後、ドックの入り口にライトセーバーを起動したダース・ヴェイダーとストームトルーパー部隊が姿を現した。

Kanan and Ezra face Darth Vader

ヴェイダーと戦うジャラス、ブリッジャー師弟

ブリッジャーとジャラスは暗黒卿とライトセーバーで切り結び、ストームトルーパーは他の反乱者を銃撃した。ジェダイの師弟はヴェイダーに全く歯が立たず、軽くあしらわれてしまう。ジャラスをノックアウトしたヴェイダーは、フォースを使ってブリッジャーを壁に押しつけ、パダワンが手にしているライトセーバーを彼自身の首に近づけていった。暗黒卿は少年をなじり、ジェダイに成ることなど出来ないと告げた。ジャラスは間一髪のところで戦いに戻り、弟子のピンチを救った。サビーヌ・レンとオレリオスは暗黒卿を倒すため近くのAT-DPウォーカーにサーマル・デトネーターを投げた。ジャラスとブリッジャーは爆発の直後にヴェイダーを押し飛ばし、敵をウォーカーの下敷きにしようとした。

彼らの作戦はうまくいったかに見えたが、ヴェイダーはフォースを使ってウォーカーの残骸を持ち上げ、爆炎の中から再び姿を現した。暗黒卿を倒すことはできないと判断し、反乱者たちは急いでシャトルに乗り込み、複合施設から去っていった。ヴェイダーは部下のコマンダースターファイターの追跡部隊を派遣する必要はないと告げた。どのみち反乱者がロザルから脱出することはできないと判断したのである。 また、反乱者たちが乗った船には追跡装置が仕掛けられていた。キャピタル・シティを離れた後、ジャラスは先ほどの敵がジェダイ・オーダーの宿敵シス卿であることをブリッジャーに教えた。

ロザルからの脱出

「こんなこと言うとは思わなかったけど、ありがとうランド・カルリジアン」
ヘラ・シンドゥーラ[出典]

反乱者たちはロザルの夜の側へ移動し、帝国軍の待ち伏せを切り抜けてロザルを脱出する手段を考えた。彼らは過去に貸しのある密輸業者ランド・カルリジアンに連絡を取り、封鎖の突破に力を貸してほしいと頼んだ。カルリジアンはロザルに居なかったが、ホログラム通信で話を付け、協力の見返りとしてシールド発生装置3つを要求した。反乱者たちはカルリジアンの農場を訪れ、RQプロトコル・ドロイドW1-LEに出迎えられた。

The fall of Tarkintown

焼き払われたターキンタウン

一方、帝国軍はダース・ヴェイダーの命令のもとロザル再入植キャンプ43(通称“ターキン・タウン”)を襲撃し、村を焼き払った。この村にはターキン総督の命令で家を失った難民たちが住んでいた。かつて反乱者たちは村の住民を支援したことがあり、ヴェイダーは村人への同情心を利用して反乱者たちを誘き寄せようと考えたのである。ターキンタウンは完全に焼き尽くされ、村人は帝国の捕虜になった。村の焼け跡を発見した反乱者たちは、帝国の報復にこれ以上他の人びとを巻き込まないようにするため、もうロザルに戻ることはできないと考えた。

サビーヌ・レンはW1-LEと共にマスキング・トランスポンダーの改造に取り組んだ。この装置はインペリアル・シャトルのシグナルを複製することができ、レンは帝国の追っ手を分散させるための囮に使おうと考えていた。彼らはすぐに農場を離れ、大気圏内にトランスポンダーをばらまいた。軌道のスター・デストロイヤー<リレントレス>は複数のシグナルをキャッチし、カシウス・コンスタンチン提督TIE/ln制宙スターファイターに全ての発信源を負うよう命じた。ほとんどのシグナルが囮であることが発覚した時、シャトルは既に宇宙空間に達しており、ハイパースペースへとジャンプしていった。シャトルに発信器を隠していたヴェイダーは、反乱者が仲間と合流したところを襲うため、TIEアドバンストx1を用意するようコンスタンチンに命じた。

反乱軍艦隊の敗北

「我が弟子よ」
アソーカ・タノの存在に気付いたダース・ヴェイダー[出典]

シャトルが反乱軍のペルタ級フリゲートフェニックス・ホーム>と合流した後、C1-10Pはシャトルの追跡装置が起動されたことに気付いた。反乱者たちはサトーやタノのいる指令センターに急ぎ、後を付けられたことを知らせた。その直後、反乱軍艦隊はたった1機で接近してくるダース・ヴェイダーのTIEアドバンストを探知する。ヴェイダーはひとりでフェニックス艦隊への攻撃を開始し、サトーはRZ-1 Aウイング・インターセプターから成るフェニックス中隊に迎撃を命じた。ところがヴェイダーは次々とAウイングを撃墜し、旗艦<フェニックス・ホーム>へ迫っていった。

Vader attacks the Phoenix fleet

フェニックス艦隊を攻撃するヴェイダー

ロザルの反乱者たちとコマンダー・タノは、司令船を防衛するため<ゴースト>に乗り込んだ。シンドゥーラが船を操縦し、他のメンバーがヴェイダーを砲撃したが、暗黒卿のスターファイターを止めることはできなかった。TIEアドバンストのパイロットに強いフォースが備わっていることに気づいたタノは、敵の正体を突き止めるため、ジャラスと協力してフォースで探りを入れた。ブリッジャーはロザルで感じたのと同じ暗い感覚を覚え、敵が例のシス卿であることに気付く。一方のタノはフォースを通して押し寄せた恐れと苦痛に圧倒され、気を失ってしまった。この時、ヴェイダーもまたタノの存在を感知した。ヴェイダーがかつてアナキン・スカイウォーカーという名のジェダイ・ナイトだった頃、タノは彼のパダワンだった。

タノが反乱軍に加担していることを知ったヴェイダーは、<ゴースト>のクルーを生け捕りにしようと考えた。戦いが終わりに近づいていた時、反乱軍の逃亡を阻止するためスター・デストロイヤーが戦場に駆け付けた。サトーと部下たちは致命的なダメージを負った<フェニックス・ホーム>を捨て、撤退を開始した。艦隊の他の艦船がハイパースペースへ飛び込んだ後、<ゴースト>は2隻のスター・デストロイヤー(そのうちの1隻はコンスタンチンの艦)の間へと突っ込んだ。ヴェイダーの指示に従い、<リレントレス>は<ゴースト>を捕まえるためトラクター・ビームを起動した。ところが、シンドゥーラはビームがオンラインになる前にスター・デストロイヤーの間を飛びぬけ、その後を追うヴェイダーのTIEがビームに捕捉された。暗黒卿は艦の間で身動きが取れなくなり、<ゴースト>はハイパースペースへ逃げ去った。

その後、<ゴースト>はぼろぼろになったフェニックス艦隊と合流した。サトーはCR90コルベットリベレーター>を新しい司令船に選んだ。今回の戦いやシス卿との遭遇を経て、反乱軍は帝国が本腰を入れて抵抗運動の壊滅に取り組み始めたことに気付いた。一方、ヴェイダーは皇帝に連絡を取り、艦隊に大きな被害を与えたことや、アナキン・スカイウォーカーのパダワンが生きていたことを報告した。シス・マスターはこれを粛清を生き延びたジェダイたちを探し出す絶好のチャンスと受け取った。皇帝はヴェイダーに命じ、尋問官を反乱軍の追跡に当たらせた。

登場エピソード

参考資料

脚注

初期反乱運動
銀河系のタイムライン

前:クローン戦争

同時期:ジェダイの粛清 · ジェダの反乱 · マンダロリアン内戦 · ライロスの反乱

次:銀河内戦

銀河帝国に対する初期反乱運動の戦い
18 BBY ラーダ
5 BBY 帝国尋問ドロイド破壊任務 · 帝国補給船団の襲撃 · ロザル飛行場
キャピタル・シティ · ケッセル · ガレル・シティ宇宙港 · コザル
スティジョン・プライム · ロザル・アカデミー · 輸送船団
4 BBY カラー · ラーン · シーボ · 旧共和国元老院ビル · ジャラース
帝国通信センター · ムスタファー · シールド発生装置強奪任務
ロザル包囲戦 ロザルの任務 · フェニックス戦隊 (I) · シーロス
アブサンズ · アイバー · スラッド · ガレル(I) · インターディクター
3 BBY フェニックス戦隊(II) · インヴァー · ガレル(II) · ロザル補給基地
コンコード・ドーン(I) (II) · リラ・サン · ガス精製所
ライロス(I) · 帝国建造モジュール · フェニックス戦隊(III)
2 BBY ナラカ · ヤルマ · テラロフ · モントロス · ライロス(II) · アガマー
コンコード・ドーン(III) · マイカポ · ロザル(II) · ジオノーシス · チョッパー基地
クローネスト · キメラ · アーキオン星雲 · キルン・ステーション · アトロン
1 BBY マンダロア · ジェリンディ · フェイオス・ステーション · ロザル(III) (IV) (V)
ロザル・ジェダイ・テンプル · ロザル(VI)
0 BBY ウォバニ · カフリーンの環 · フラクチャー作戦 (ジェダ(I) (II) · イードゥー)
関連記事
銀河帝国 · ジェダイ · 反乱同盟 · シス
  [Source]
オーダー66ジェダイの粛清の戦闘
議長の執務室 · ジェダイ・テンプル · ムスタファー(I) · 銀河元老院 · オルドリームのリバー・ムーン
コルサント · モン・カラ(I) · ベル・シティ · モン・カラ(II) · カラー上空
スティジョン・プライム · ヴィンダル · フォート・アナクセス · ロザル · ムスタファー(II)
共和国医療ステーション · ビルゼン · ハンマータウン · オーサロン · マラコア
[edit]
他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。